粟田貴也の名言|新規顧客にアプローチする

「早朝からも召し上がっていただける」という認識を持っていただくことで、新規顧客にアプローチすることはもちろん、既存の顧客層にも新たな利用シーンをご提案する必要性があるのです。
【覚え書き|早朝営業を始めたことについて】

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しき計画の成就は、ただ不屈不撓(ふくつふとう)の一心にあり。さらばひたむきに、ただ想え。気高く強く、一筋に。

中村天風の名言|新しき計画の成就は、ただ不屈不撓の一心にあり


「人は何で生きているのか」というところは、教えられることだと思うんです。答えに対し納得するにはすごく時間がかかると思います。でも、そのことを教えられないまま成長した大人自身が、今こそ考える時期なんじゃないかと思っているんですよ。

伊勢谷友介の名言|「人は何で生きているのか」考える


取捨選択は経営者にとって大事な視点です。会社を強くするためには、主力となる事業の幹を太くしていかなければなりません。投資は無限にできるわけではない。バッファーは必要ですが、将来の柱にならないものに投資をする余裕などありません。

小林一雅の名言|取捨選択は経営者にとって大事な視点


アイロボットの最も重要なバリューは、ハードウエアとソフトウエアの両方に通じた専門家がおり、それらをコスト効率の高い方法で組み合わせる力にあります。

コリン・アングルの名言|ハードウエアとソフトウエア両方に通じた専門家を集める


古典は、内容が抽象的なものが多い。読むうえで大切なのは、内容に自分で解釈をつけていくことです。特に、書かれていることに違和感を覚えた時こそ、「どういうことだろうか」とよく考えてほしい。同意できる内容は、既に自分が分かっていることですよね。逆に違和感を覚えるものは、今の自分に分からないこと。そこを考えることに、意味があるのです。

養老孟司の名言|古典は考えながら読む


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ