粟田貴也の名言|新規顧客にアプローチする

「早朝からも召し上がっていただける」という認識を持っていただくことで、新規顧客にアプローチすることはもちろん、既存の顧客層にも新たな利用シーンをご提案する必要性があるのです。
【覚え書き|早朝営業を始めたことについて】

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の会社のミッションや目標が分からなければどこに向かって仕事をすればいいのかわからない。

たとえば、経理業務を効率化する「楽々清算」というシステムがあるのですが、利用することによって交通費や経費の申請・承認作業が電子化され、一般社員の申請作業も経理部門のチェックも大幅に削減できます。クラウド型サービスの提供によって無駄をなくし、効率化をサポートすることで企業の競争力向上に寄与したい。

皆に見向きもされなくても、誰かにとっては素晴らしい商品かもしれないから、捨ててはいけません。

「競争の激しいところに行くとお金がたくさん出ていく」というのは、経済の大原則。その裏を考えてみる必要があるでしょう。たとえば我が子を私立に通わせるぶんのお金で、若いうちから海外経験をさせるなど、別の教育方法があるかもしれません。

それぞれの階層の中で差はつくので、他人と比べないことです。常に先を走っている人はいるものですから、比べたら永遠に劣等生です。これはしんどいですよ。

従業員には、私のために働いてほしくありません。自分自身のため、会社と夢を共有するために働いてほしい。

「Aを立てたらBは立たない」と言ってしまったら、それに続く言葉は、「仕方がないからどちらかを諦めよう」です。思考停止とはそういう状態です。ものごとはここで止まってしまう。しかし、「AとBの両方を立たせるにはどうすればいいか」という発想をすれば、必ずいい解決策が出てくるものなのです。

経営環境は不透明さを増すばかりですが、ものづくりの会社という原点に立ち返って、世の中にない新製品の開発で市場を切り拓いていきたい。

分からないなら、分かる人に聞けばいい。そうして、大きな仕組みと流れを理解する。目の前の数字も大事ですが、それだけを見ていても、正しい判断はできません。

人と人との絆を大切にし、事態を冷静に受け止め、未来を信じ、自分のことよりは他のため、全体のために役立つことを自然に選ぶという生き方は、どんな試練の中にあっても希望につながります。そのような生き方こそ日本再生の柱。

ページの先頭へ