粟田貴也の名言|新規顧客にアプローチする

「早朝からも召し上がっていただける」という認識を持っていただくことで、新規顧客にアプローチすることはもちろん、既存の顧客層にも新たな利用シーンをご提案する必要性があるのです。
【覚え書き|早朝営業を始めたことについて】

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アメリカ企業からは、日本の市場は不透明だといわれています。その多くは認識不足や理解度の違いにあり、それを解消する鍵は、人と人とのネットワークです。人を介して接点を持つことで、大企業であっても障壁は低くなり、多くのことが分かってきます。

ジョン・メッツラーの名言|人を介して接点を持つことで、大企業であっても障壁は低くなり、多くのことが分かってくる


現場こそが何より大事で、お客様の声の中に課題がある。

原田泳幸の名言|現場こそが何より大事で、お客様の声の中に課題がある。


手帳を隙間なく書いても、仕事の質とは関係ありません。余白をあえて作り、そこで新しい仕事を作る時間と意識づけています。

裵英洙の名言|余白をあえて作り、そこで新しい仕事を作る時間と意識づける


上場は資金調達の面でメリットがありますが、私たちは非上場で利益を研究開発に投資するというやり方に自負を持っております。これには長期的に、腰を落ち着けて成果を出してゆける強みがあります。

挽野元の名言|非上場の強み


成功者というものは、貧民窟からしか出ないのではないか。貧乏人の子供は何にもないところに育っているから、欲しいものも手に入らない。欲しいものは自ら働き、知恵、創意工夫でつくり出して手に入れるほかはない。

織田大蔵の名言|成功者というものは、貧民窟からしか出ないのではないか


気をつけて欲しいことは、論理的であることだけがビジネスの成功の法則ではないということです。たとえば、新商品開発や新規事業戦略の立案など、クリエイティブな仕事をしている人にとっては、論理思考はかえって足かせになるでしょう。新しいものを生み出すには、論理的に考えるよりも、いかに発想を飛躍させられるかが勝負だからです。

成毛眞の名言|論理思考が足かせになる場合もある


シリコンバレーは、失敗を恐れず、どんどん挑戦する風土があります。むしろ失敗をたくさんして、そのノウハウや経験を踏まえて成功した人が尊敬されます。

孫泰蔵の名言|失敗をたくさんして、そのノウハウや経験を踏まえて成功した人が尊敬される


不動産に関わらず、すべての商売の原点は、「お客様のために何ができるのか」を一生懸命考えることにほかなりません。そのためには、お客様の望みを熟知している販売部門を中核に据えるのが一番。

荒井正昭の名言|すべての商売の原点


私は昭和電工に入社以来、長らく子会社や海外との合弁会社などに出向して、本当にさまざまな業務に携わってきました。それまで経験していなかった営業をやらされて当惑したこともありますし、ともに働く人々がガラリと変わる都度プレッシャーを感じました。しかしいま思えば、会社が本人を見込んで配属しているのですから、それなりの意味が亜はずなのです。

高橋恭平の名言・格言|様々な環境で揉まれ成長する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ