松下幸之助の名言|起業すると心配が絶えない。それがトップの仕事と思って楽しめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業すると心配が絶えない。それがトップの仕事と思って楽しめ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ブランドを高めることは、ビジネス上の利益にもつながる。

理想を言えば、営業戦略は3年くらいの長期計画を立て、それを1年ごとの目標、1か月ごとの目標へと細分化し、達成に向けた日々の具体的な行動に落とし込んでいくことが望まれます。

部下は部品ではない。

伸びていく人は、頭を使って考える人間。私は「考えて考えて考え抜け」と言っています。それでも、結果として考え尽くすことは難しいことです。ただ、その時に、本当に悩んで絞り出す話には訴えるものがあります。単なる思い付きと、考えてやるものとは、やはり違います。思い付きでも良いアイデアはありますが、実現するためには相当考えないと駄目です。考え抜ける人間は伸びますね。

仕事でミスをして上司にひどく叱られた場合、それを引きずり悩んでいても何ら益はありません。それよりも「次回からミスをしないよう、いまから対策を立てよう」と考える方が建設的だし、負の感情からもいち早く解放されやすくなるのです。

私の趣味はトライアスロンなのですが、経営者としてのブレない心を鍛えるために有効な競技だと思います。最初に猛ダッシュしても続かない、ライバルに追い抜かれてもペースを守る。つらく長い時間、自分をセルフコントロールし、自分なりの記録と勝利を目指す。経営は長丁場です。興味があれば、ぜひトライアスロンにチャレンジしてみてください。

現状の問題点なども挙げ、厳しいことも指摘しなくてはいけません。クタクタになって頑張っているのに結果が出ないのはなぜだろう。そんな営業マンの本音も返ってきます。自分自身が徹底的しきれてないことだって、トップとしては言わなくてはなりません。社員の本音を浴びるうちに精神的に参ってしまって、血尿が9日間出ました。でもそこまでやって、見えてくることがあります。やっぱり社長は頭を使って一所懸命に考えることです。
【覚書き|社長就任後、全国を回り社員たちと8か月で150回以上ミーティングを行い、真剣に議論したことについて語った言葉】

昔は典型的なプッシュ型営業でした。それでうまくいくこともありましたが、このスタイルは一度断られると、そこで相手との縁が切れてしまうんです。だからいまの私は、情報を提示するだけ。「私はこういうものを売っているから、欲しければ言ってね」とだけ言って、決断を迫りません。だって断られない限り、縁が切れないんですから。

あくまでも土台となるのはモノづくりです。そこから派生するものとしてソリューション事業をとらえています。

最初のうちはとくに、相手が日本人だと、つい自分と同じ物差しで見てしまい「なんでできないの」「もっとやれるでしょ」という言葉を、かなり強い口調で言っていた時期もありました。でも、いろいろな経験をしていくなかで、結局、言葉だけじゃ伝わらないし、相手の腑に落ちない限り何も変わらないとわかりました。

ページの先頭へ