北城恪太郎の名言|現場の正確な情報が欲しかったら怒ってはいけない

英語で「ドント・シュート・ザ・メッセンジャー(情報をもたらす人間を撃つな)」というんですが、現場の正確な情報が欲しかったら怒ってはいけない。怒られると分かっていたら社員は悪い話を上げません。

北城恪太郎 の経歴

北城恪太郎、きたしろ・かくたろう。日本の経営者。日本IBM社長・会長。茨城県出身。慶應義塾大学工学部管理工学科卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。システムエンジニアとして働き、カリフォルニア大学バークレー校に留学。同大学大学院修士課程修了。米国IBM Corporation会長補佐、日本アイ・ビー・エム取締役、常務、専務、副社長などを務めたのち社長に就任。そのほか、IBMアジア・パシフィック代表、経済同友会代表幹事、国際基督教大学理事なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。

ハンス・アンダーソンの名言|部下の失敗を叱るより、チャレンジした姿勢を褒めることの重要性


スタッフのミスも頭ごなしに叱ることはしないで、そのスタッフの言い分もしっかり聞くようにしました。部下からの信頼を得て、それをもとに彼、彼女らの仕事の質を上げていくためには必要なことだと思います。

岩片和行の名言|スタッフの言い分もしっかり聞くことの大切さ


叱る基準はお客様。お客様が怒るようなことをしたら叱る。「叱るのは陰で、褒めるのはみんなの前で」なんて冗談じゃありません。逆です。あるとき、お客様の前で足を広げて、偉そうにしている奴がいたんですよ。だからその場でバチンとやった。そうしないとお客様がそのあとずっと不愉快でしょう。お客様は「わかった買うから」って買ってくださいました。

相澤賢二の名言・格言|お客様が怒ることをした社員は、お客様の前で叱る


叱るときはメールに頼りません。直接、口で叱ります。会話なら消えますが、メールは後に残ります。怒られたメールが残るということは、お互いにとって不幸です。なので、なるべく怒られたことを忘れられるように、逃げ道を用意してあげることは重要だと思います。

森川亮の名言|叱るときはメールではなく口頭で


部下を叱るときは、人格を否定するような言葉は使いません。感情的に怒られると、言葉を受ける方はずいぶん辛いものです。相手の成長を考えて、理性的に叱ることが大事です。

井上高志の名言|叱るときの注意点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ