大隅良典の名言|大事なのは、子供時代に誰もが持っている素直な気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なのは、子供時代に誰もが持っている「これは何だろう、どうなっているんだろう」という素直な気持ち。


大隅良典 の経歴

大隅良典、おおすみ・よしのり。日本の生物学者。ノーベル生理学・医学賞受賞者。福岡県出身。東京大学教養学部卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得満期退学。基礎生物学研究所教授などを務めた。オートファジーの仕組みの解明でノーベル生理学・医学賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「上見て励め、下見て暮らせ」という言葉があります。暮らし向きは質素で、志は高く持てということ、成長しなければ駄目だ、というものです。それがわが社の柱にもなっています。

収益を挙げることも大切ですが、ビジネスにおける偉大な作品というのは、会社の利益が社会の利益になるものではないでしょうか。

世界で仕事をするには、自分でデータや知識を吸収し、自律的に判断する能力を養う必要があります。

鉄道ファンだけをターゲットにしていても限界がある。ファン以外を取り込めば、市場は一気に広がる。

とにかく好きなものがあれば、それに向かって描くといい。好きな分野を突き詰めていくといい。

営業の班長だったころ、部下たちに毎月、「よかったこと」と「悪かったこと」をひとつずつ言わせてノートにまとめました。半年経つと1人当たり6個の改善するテーマが見いだせ、部下と突っ込んだ話し合いができました。

私自身、事業を立ち上げて失敗し、責任を取った経験があります。経営に対する責任は、やはり経営者が負うべき。

ページの先頭へ