粟田貴也の名言|私たちは旧来の外食チェーンをもう一度否定した

外食チェーンは優れた調理人を必要とせず、属人性を否定することによって展開してきた。私たちは旧来の外食チェーンをもう一度否定した。だから店員に惜しみなくノウハウを提供しますし、長く続けているパートさんの中には、すぐにでもうどん屋を出せるという人もいますよ。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他人の価値観で生きるという傾向は、ビジネスの世界でも顕著になっています。マーケティングによって「世間はこういうものを望んでいる」と結論づけ、それに沿って製品開発をする。それはまさしく、他人の価値観で生きようとすることです。ソニーを始めとする日本企業が世界中を席巻していたころ、開発者たちは「自分がほしいから、こんな製品をつくろう」と考え、自分の価値観で仕事をしていました。他人の価値観に頼っているうちは、革命的な製品は生まれないでしょう。ここに日本低迷の大きな要因が潜んでいます。

陰山英男の名言|他人の価値観に頼っているうちは、革命的な製品は生まれない


会社は大中小といった規模にかかわらず、トップで決まる。

樋口武男の名言|会社は大中小といった規模にかかわらず、トップで決まる。


同業者の中には「クリエイティブな作業は一般の人には理解できない」ということを言い訳にして、顧客を煙に巻くタイプが多いと思います。僕はその逆で、相手の霧を晴らしてあげたいんです。裏表なく、駆け引きもせず、わかりやすく、かといって言いなりになるのではなく、相手が本当に望んでいることを聞いて、引き出して、それをカタチにしていくのが僕の仕事なんです。目に見えている部分は、100ある仕事の最後の1%にすぎません。

佐藤可士和の名言・格言|相手の望んでいることを聞いて、引き出して、形にするのが仕事


創造とイノベーションに継続的に取り組む企業だけが、実り豊かな将来を手にするチャンスを与えられている。

フィリップ・コトラーの名言|創造とイノベーションに継続的に取り組む企業だけが、実り豊かな将来を手にするチャンスを与えられている。


競争が激しいビジネスでは、教科書的な解決策から外れたことをやらなければ、競争相手には勝てないことが多くなります。勝つためには基本を押さえながらも、あえて人と違うことをやるクリエイティブな発想が必要です。

御立尚資の名言|基本を押さえながらも、あえて人と違うことをやる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ