粟田貴也の名言|私たちは旧来の外食チェーンをもう一度否定した

このエントリーをはてなブックマークに追加

外食チェーンは優れた調理人を必要とせず、属人性を否定することによって展開してきた。私たちは旧来の外食チェーンをもう一度否定した。だから店員に惜しみなくノウハウを提供しますし、長く続けているパートさんの中には、すぐにでもうどん屋を出せるという人もいますよ。


粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「起業チャレンジ」には起業家の卵たちが、アイデアを引っ提げて応募してきます。応募時点のアイデアはまだ粗削りなので、応募者同士でのワークショップや、コンサルタントが入ってブラッシュアップミーティングを行います。その間、アイデアはどんどん昇華します。そして応募者自身も成長していきます。

地域の人々に支えられている信用組合は、ここから離れることはできません。それゆえにここで頑張ろうとする企業を応援することは、我々に課せられた宿命。

人生の目標や目指すべき人生って、ひとつじゃないと思うんです。だから能動的に、積極的に、怖がらずに、自分の幸せを定義して欲しい。

自分より上のマネージャーがどのような考え方かを知り、早くその視点を身につけることが重要です。手っ取り早いのは、その人に「私の気がついていない点はどこでしょうか」と直接聞くことです。

もしいま僕が30代に戻ったらラーメン屋はやらないと思います。かつてのラーメン店が「汚い、怖い、臭い、一人じゃ入りづらい」と言われていたように、人が嫌がるような仕事を選ぶんじゃないでしょうか。それを人が憧れるようなものに変えるような、オリジナリティの高い仕事に取り組むのが、一番カッコいいと思うんです。

調査をする際に、どんな商品が欲しいかとか、この製品をどう思うか、と聞いてしまう。マーケッターの陥る罠はここにあります。お客さんが欲しいというものではなく、お客さんも気付いてないものが重要。

ピンチはチャンス、チャンスはピンチであるのもビジネスの常。上昇期だからこそ学べることもあれば、下降期だからこそ学べることもあります。

ページの先頭へ