粟田貴也の名言|私たちは旧来の外食チェーンをもう一度否定した

外食チェーンは優れた調理人を必要とせず、属人性を否定することによって展開してきた。私たちは旧来の外食チェーンをもう一度否定した。だから店員に惜しみなくノウハウを提供しますし、長く続けているパートさんの中には、すぐにでもうどん屋を出せるという人もいますよ。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どうやら「借金してでも」と決心して立ち向かうヤツには借金が逃げていくらしい。

自分の手だけを眺めていても時の利は見えてこない。ライバルが何をやっているのか、市場の流れはどうか、マクロ経済はどうなっているのか。いろいろな要素を総合的にとらえたとき、時の利、地の利が我が方にあるかどうかが見えてくる。我が方にありと判断すれば、経営者として無理してでも勝負に出るべきだし、逆風なら我慢の時期だ。

他人と異なる強みを持つことができれば、社外からも必要とされる人材になれる。

様々な経営者と話してみると、創業者は現場を見て感じて経営を行うようです。一方、経営コンサルタントや学者は、その結果から経営理論をつくりあげます。経営者が理論ばかりを過剰に参考にして、現場をおろそかにするとき失敗します。サッカーも同じだと思います。人から理論を学ぶことも大切ですが、それ以上に現場で私は感じたい。

我々は決して、「年収がこのくらいなら、この物件を」といった提案の仕方はしません。大切なのはそのお客様が不動産投資によって何を得たいか。要介護の家族を支える資金が欲しいのか、子供たちに資産を残したいのか。では、そのためにはいくら必要か……これらをうかがい、その目的に合った物件を提案するのが我々のスタンス。不動産で人生をサポートさせていただくという感覚です。

私はアナログ人間ですので、パソコンで作成したきれいな紙の資料を会議で見ると、その出来栄えが見事であればあるほど、心理的に否定しにくくなってしまいます。それでは議論は深まりません。私は会議でホワイトボードを多用するのも、型にはまらない自由なスペースに書いた方が、修正が気軽なだけ、様々な発想が生まれやすい気がするからです。

質問をするときは相手が「イエス」と答えやすい質問をした方がいいでしょう。イエスと答える方が会話がポジティブに進み、「ノー」は答える方も聞く方もテンションが下がってしまいますから。

自分たちしかできない、新しい価値を追求するという流儀は終始一貫して変わらない。

営業マンがいなかったことがよかった。客がしびれるような庭を造らないと、次の仕事はきませんから。

身だしなみは、「相手からどう見えるか」が基準となります。たとえば金融関係なら「信頼感」「堅実さ」、女性の多い職場なら「優しさ」「親しみやすさ」など、仕事の内容や立場によって周囲から求められるイメージがあるはず。服装や髪型がそれに合っていれば、相手に好印象を与え、評価も高くなります。

ページの先頭へ