大隅良典の名言|分かったようで何も分かっていないことが、生命現象には特にたくさんある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

分かったようで何も分かっていないことが、生命現象には特にたくさんある。


大隅良典 の経歴

大隅良典、おおすみ・よしのり。日本の生物学者。ノーベル生理学・医学賞受賞者。福岡県出身。東京大学教養学部卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得満期退学。基礎生物学研究所教授などを務めた。オートファジーの仕組みの解明でノーベル生理学・医学賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米ウーバーという米国の有名なベンチャーがありますね。タクシーの配車に加え、一般人が自家用車を使って、客を運ぶ仕組みを作って急速に伸びているあれです。すると、ウーバー用の保険サービスができてくる。まだ小さいけど、サービス自体が広がったら、その可能性は急拡大する。これからの保険会社は、そういう変化を見逃してはいけないと思うのです。

英語を「勉強」するのはもちろん大切ですが、それよりも「使う」ことを重視した方がいいでしょう。英語をものにするには、とにかく使わないとダメ。

レンゴーでは、年に一度、各職場の最前線で働いている諸君が、現場の知恵を競い合う小集団・改善活動発表大会を開く。機械の操作はもちろん、営業、開発、事務などあらゆる職場で日々肌身で感じる微妙な感覚や経験を生かし、細かい改善を積み重ねた成果を競い合う。私も全国から選抜された各グループの発表に耳を傾けると共に、疑問点は容赦なく質問攻めにする。なぜその作業をするのか、その仕事の本質は何かについて現場の一人ひとりがとことん勉強し、そして協力し合いながら専門知識を深め真剣に考えることで、知識や技術の伝承もでき、現場の真理にも一歩近づくことができる。

海外で全然売れないというありがたい経験があったから、まず物流などインフラを整備してから市場に入るようになったわけです。

在宅勤務は福利厚生ではありません。企業の発展・維持に様々なメリットをもたらす戦略的な人事制度です。在宅勤務はリスク・マネジメントの視点からも企業に利益をもたらします。世界的に持優れたブロードバンド環境を持つ日本で活用しない手はないでしょう。

アマゾンの黎明期から14年働きました。アマゾンのことは誰よりも愛しています。でも僕がやりたかったことは別で。新卒でWAVEに就職したんですが、CD産業が衰退して不完全燃焼。アマゾンに転職してインターネットで音楽を売りながら「自分ならこんな店をつくるのに」ってずっと空想してました。

私たちは3期連続で増収したというようなときでも、ライバルに比べたらまだまだじゃないかと考えます。安心すると傲慢になり、傲慢になると、とたんに会社のパフォーマンスは落ちていきますから。

ページの先頭へ