大隅良典の名言|誰が一番乗りかを競うより、誰もやっていないことを見つけた喜びが研究者を支える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰が一番乗りかを競うより、誰もやっていないことを見つけた喜びが研究者を支える。


大隅良典 の経歴

大隅良典、おおすみ・よしのり。日本の生物学者。ノーベル生理学・医学賞受賞者。福岡県出身。東京大学教養学部卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得満期退学。基礎生物学研究所教授などを務めた。オートファジーの仕組みの解明でノーベル生理学・医学賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕のライフワークは、フリーターを再生させること。学生時代に事業を始めたころから、一貫して訴え続けているテーマです。そのせいか最近は、フリーター関連ビジネスの話や協力者が、向こうからやってくるようになりました。

私は講演するときに「偉い人なんていない。立派な人になってください」と話します。なぜなら、偉い人は肩書がついたからといって、自分がえらいとは思わないからです。

仕事とは結局、人と人とのつきあい。メモを取るときは、取引の内容よりも、相手の人となりがわかる言葉の方が重要。ここを押さえていれば、長く濃く付き合っていけます。

日本企業の場合、あえて「メイド・イン・ジャパン」にこだわるべき部分もある一方で、自分たちの「目利き」によって、「この部分では、海外のこの企業の技術を利用するほうが有利だ」という場合もあるはずだ。国内の技術も大切にしつつ、グローバルスケールでプルーブド・テクニック(実証された技術)を集積し、「圧倒的な完成度」を持つ商品を創っていくという発想が必要である。

道具を大事にしたり、仕上がりの状態を感覚レベルでとらえられることも、職人の条件のひとつなんです。

社内ではスタイルアップキャンペーンを実施しており、いま以上に健康的で周りから憧れとなるカラダを手に入れることで、「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」という当社の企業理念に一層の説得力を持たせるよう努力しています。

我々は基本的に国の助けを前提に経営をするようなものではない。やはり企業は企業として、グローバルな世界に向かって、自立して経営を進めていく。これが基本です。

ページの先頭へ