小池百合子の名言|ドアは常にオープンに

このエントリーをはてなブックマークに追加

私とコミュニケーションを取りたい人がアクセスしやすいよう、ドアは常にオープンにしています。最近ではパーティションで区切られた機能的なオフィスも多いようですが、コミュニケーションの観点から見ると、これはいささかマイナスではないでしょうか。話したいことがあったとき、気軽に声をかけることができないからです。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ブームの後に消えていくものと定番となるものの違いは次の2つ。

  1. その成功が、環境条件がたまたま良かったというような外部要因ではなく、不断の努力といった内部要因によっている。
  2. 過去の成功体験に固執することなく、絶え間ない変革を続けている。

規制緩和と成長戦略の2つが、日本の経済成長のエンジンになる。これを進めて、日本経済の活力を引き出していくことが重要。規制緩和を進めれば、ビジネスチャンスは広がる。

人から言われて自分の方向性を決めるなんて、ずいぶん受け身だと思うかもしれません。でも、だからこそ広がる世界もあります。私は、人から頼まれたことは基本、断わりません。私の気づかない才能を評価して依頼してくれたのかもしれないからです。事実、学校での教育も書籍の執筆も、そうやって広がっていった世界です。

周囲を見てごらんなさい。世界中、昔から今に至るまで、暗殺で事がうまくいき、世の中の幸福が増したという事例は、ひとつも見当たりません。

僕は、人の欠点を見ないようにしています。欠点をあげつらっても仕方がないからです。配置転換でも、社員の長所を褒めて、いいところを伸ばすために配置転換を考えます。

趣味は上手なほうが楽しいので、やるならとことんやったほうがいい。私はすぐ師匠をみつけて習いに行きます。

経営の出来不出来は、世の中のせいでも、誰のせいでもない。すべては社長自身の姿勢次第。

新しいテクノロジーを手にしたプレーヤーを、以前からお付き合いのある大手企業に結びつけることが重要になっています。動きの速いスタートアップの新技術を取り込んで大企業の変革をいち早く実現する。当社はこれをグローバルで担おうとしています。

勉強というのは「会計士になりたい」とか「デザイナーになりたい」といった、やりたいことを実現するために行うものです。だから勉強しないのは、やりたいことを諦めることでもあるのです。やりたいことを諦めてつまらない人生を送るほうがいいのであれば、勉強する必要なんてありません。

ゲームを支配し、勝つ確率を高めるためには、他の選手が何を考え、何を感じているのかを、よく理解している必要があります。同時に、こちらが考えたり感じたりしていることを、他の選手によく理解してもらう必要がある。そのためには、遠慮なく言い合うことが不可欠なのです。

ページの先頭へ