小池百合子の名言|「また会いたいな」と思わせることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を印象づけることができたら、次は「また会いたいな」と思わせることが大切です。そう思われるのは、面白い話をしてくれる人、自分にとって有益な意見をくれる人でしょう。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下を気遣って柔らかい表現を使おうとする「やさしい上司」の方々はとくに要注意。「とりあえず」「なるべく」「できるだけ」などの「あいまい言葉」は厳禁です。相手がこちらの意思をきちんと汲み取れるように、「何を」「いつまでに」「何のために」行なってほしいかを明確に伝えましょう。

交渉しないのが交渉の一番の極意。先にこちらから解決策をアドバイスしてはいけない。相手はこちらに都合のいい方向に誘導されて、じわじわ追い詰められているように感じてしまう。一番いいのは、解決策に相手と自分が同時に気づくことです。

相手に間違いをわからせるには、親しみのある話し合いをすればよい。大切なのは、それができる信頼関係を築くことだ。

チケットの電子化の一番の目的は、お客様のデータが分かるということ。もちろん、個人情報には気を付けねばなりませんが、BtoC産業ですから顧客データの蓄積はある意味、一丁目一番地。

仕事が出来る人はおしゃれなものです。自分に自信があり、自己流を持っているからこそおしゃれができるのです。

いまの自分にとって何を勉強すれば得になるかを把握できないなら、ビジネスマンの最大公約数で、かつ昇給や昇進に直結するものを選ぶべきです。

日本テレコムやJフォンは外資に陥落したと見る人がいるかもしれません。でも私はそれほど意識していません。それに株主同士の交渉にはタッチできませんから、私にはどうしようもないことです。私なりの消化の仕方は、会社が良くなって、社員やお客さんがハッピーになれるかどうかの一点だけを考えることです。
【覚書き|Jフォンは英国の携帯キャリアであるボーダフォンに買収される。その後、さらにソフトバンクに買収された】

人を動かしたり、人の力を借りたりするほうがずっと早く仕事が完了します。私の顧客で有能な人に共通しているのは、周囲を上手に巻き込んでいること。自分の弱さを見せて、相手の懐に入り込む人たらし的な魅力があります。

対応型の仕事はやめて、先読み型の仕事へ転換しよう。ナンバーワンがこう動いたら、我が社はこう対応するというのではなく、自力で環境変化を先読みし、意思決定の岐路に正しい判断ができる能力を養う必要があります。

営業マンの売上成績が落ちているという問題があったとしたら、なぜ売上が落ちているのか、原因ともいうべき真の問題をまず理解します。そのうえで、どのような質問を設定し、答えを探していったらよいかを考えます。この質問が課題(イシュー)であり、ここが曖昧だと、最終的にクライアントに提案しても「そんな内容のものを望んでいたわけではない」となってしまいます。だから、軸となる「何の質問に答えるべきなのか」という課題がブレないよう明確にすることが最も重要です。

ページの先頭へ