小池百合子の名言|リーダーの側から常に積極的な声掛けをして、コミュニケーションをとるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーの側から常に積極的な声掛けをして、コミュニケーションをとるべき。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

個性がないのが悩みだったけど、個性がないからこそできることがある。

経営目標を達成するためには機能と能力の両面が必要です。経営者がそれを明確に示し、社員がキャリア開発に取り組む。それらが適合したとき、初めて社員と企業の成長が一致します。

コミュニケーションの主役は発信する側だと考えている人が多いようですが本当の主役は受け手です。

話の巧拙は先天的なものではありません。誰でも訓練を積めば上手になります。

ある面倒くさいカットを外注のプロダクションがやってくれたんですよ。それがとてもよかったんです。だから、これはお礼を言った方がいいなと思ったから、なんかの拍子に電話がつながったとき替わってもらって「いやあ、とってもいいカットでした。どうもありがとうございました」って言ったらね、そのあとその人は泣いたって聞いて。別に泣かせるつもりで言ったわけじゃないですけど。ただそういう配慮がもう少しできたらなんかいいのになあと思いました。

突発的で劇的な変化が多発する乱世に生き残るためには、外部環境の変化にいかに適応できるかがカギとなってくるでしょう。いわば突然変異種をどれだけ持っているかが、企業の新たな発展の大きな力になると思います。

本当のグローバル化は、ローカルにどう溶け込むかをきちんと消化して落とし込むこと。その土地の気候とか人間とか、それがわかった上でどうアプローチするかが大切。

インターハイで好成績を目指す高校と、オリンピック選手を輩出する高校は比較的分かれているんです。いますぐの勝利を目指すか、将来伸びる選手を育てるかの違いでしょう。

これはいい習慣だなと思ったら、TTPするといいでしょう。TTPというのは「徹底的にパクる」の意味だそうです(笑)。「これは!」と思う仕事のやり方はどんどん真似て、自分の血肉にする。そうすることで、仕事の成果は目に見えて伸びていくことでしょう。

先行きを心配しても仕方がない。折々に判断を下すときに、私は人間が本来持っている「野性の勘」を大切にしたいと思っています。

ページの先頭へ