枡野俊明の名言|本来人間の価値は比べようがない

相手の評価が気になるのは、他人と自分を比較しているからです。しかし、本来人間の価値は比べようがありません。自分の本分を生きればいいのだと、意志を強く持つことです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

化粧品による肌のトラブルをなくそうと、1980年に防腐剤などを含まない無添加化粧品の通信販売事業を立ち上げ、15年たって直営店展開を始めました。店の店員には「売らない勇気を持てよ」と教えてきました。よそと違って、一日何万円売りなさいというノルマもないし、歩合制でもないけれど、お客様がお見えになれば、売りたい気持ちが誰にも本能的にある。でもたとえば、ニキビができた思春期の子がクリームが欲しいと買いに来たら、洗顔を勧めて「お客様には必要ないと思いますよ、ときちんと言いなさい」と。クリームをつけると、かえってニキビを悪化させてしまうんです。

何もかもを持っている人はいないかもしれませんが、誰もが「何か」を持っている。それぞれが持っているいいところを吸収していけば、あなたは「いいとこ取り」ができる。心の置き所ひとつで、不満を抱いていた職場も学びと成長の場に変わる。

成長するためには、今までの考え方でR&D(研究開発)や事業、製造をしていては勝てない時代になっている。R&Dの考え方、事業への取り組み方を変えるなど、成長の方法論を新たにしていかなければならない。

コマは軸を中心に高速で回転しているから安定する。自分の軸を作る方法も同じ。物事を考え続けたり、自分がずっと動き続けたりしていないと軸はできません。動き続けながらバランスを取っていく感じですね。

家族はやっぱり一緒に暮らすべき。家族が一緒になっていると、だいたい何とかなる。

戦略的なリスクテークが重要です。尊敬を集めるバスケットボール選手は、他の選手が打たない場面でもためらわずシュートを打ちます。このような選手はリスクのことをよく理解していると思いますよ。なぜなら、リスクを取れば失敗は多くなりますが、リスクを取らなければ点は入りません。

ブームを終わらせないために、ブームを大きなトレンドにしていく必要がある。日本人のライフスタイルに影響を与えるようなトレンドにすればブームが終わらない。

大衆も一時期なら騙すこともできる。しかし、永遠に騙すことはできない。要するに本当のものでなければダメなんです。

組織が進化していくためには、遺伝子を突然変異させる何%かの突出した「個」が必要。

ゼロから何かを生み出すイノベーティブな思考には向いていないが、大抵の場合は比較して差を発見することで、問題の存在を認識し、解決策を立案することができるのです。

ページの先頭へ