枡野俊明の名言|本来人間の価値は比べようがない

このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の評価が気になるのは、他人と自分を比較しているからです。しかし、本来人間の価値は比べようがありません。自分の本分を生きればいいのだと、意志を強く持つことです。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は半年間、地道に週末の執筆活動を続けましたが、モチベーションを保てたのは、原稿を待つ編集者がいたから。

暴君は暴君でも、一番危険なのは、生命がひとつ、胃袋がひとつしかない暴君ではなく、破壊されることのない、飽くことのない暴君、自分の欲望、自分の憤怒にすべてを打ち込む賤民である。

仕事というのは、どうしても優秀な人に集中します。「職員の残業をなくす」を目標に、東大の事務改革をやっているのですが、調べてみると、残業が多いのはいつも同じ人なんです。「自分しかできない」と思い込んで、何でも抱え込んでしまうんですね。そこで私はそうした職員に、「絶対に自分しかできない仕事」と「誰でもできる仕事」を分けるように頼みました。そして後者は、残業していない人に振り分けました。「その人にしかできない仕事」というのは案外少なくて、「ほかの人でもできる仕事」は、本人が思っている以上に多いということですね。

グローバル人材に必須の能力は3つ。1つは、国際的に通用する言語である英語を扱う力。2つ目は、国際的視野。そして3つの中でも、特に重要なのが異文化コミュニケーション力。

奥さんや夫、恋人、親、兄弟など、自分に対して遠慮なく意見を言えて、仕事に無関係の相手に、仕事に関する話をしてみてください。たいていは、「何を言っているのかわからない」という反応が返ってくるはずです。そこで「どうしてわからないんだ!」と逆ギレしてしまうのは、説明能力のない人。どうすれば相手が理解できるように説明できるのか、試行錯誤してください。親しい人なら練習につき合ってくれるでしょう。

ナンバーワンとはどういうことか。具体的な戦略としては、ナンバーワンの「地域」をいかにつくるか。ナンバーワンの「得意先」をいかに持つか。ナンバーワンの「商品」をいかにつくるか。私は企業の体質というものは、この3つの条件を満たしているかどうかにかかっていると思う。

たとえ結果が予測できなくとも、自分が意義ある仕事だと信じるものに覚悟を決めて取り組むこと。予測がつかないいまのような時代にこそ、そうした姿勢が必要だと思います。

ページの先頭へ