土光敏夫の名言|ルールが悪ければ、ルールを改める勇気を持て

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールが悪ければ、ルールを改める勇気を持て。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

高い経常利益率は、苦しい時代に余力となってくれる。

私は講演するときに「偉い人なんていない。立派な人になってください」と話します。なぜなら、偉い人は肩書がついたからといって、自分がえらいとは思わないからです。

我々はビールバカのメーカーとして商品とブランドを突き詰める。

リストラや提携など、再建プランを描くことは外部の専門家でもできますが、組織にいるのは人間です。実際に成功させるには、社員の心理を織り込んだ実務プランが必須です。人間心理、社会学を無視した再建などありません。

チーム内にやる気が高い人がいないとしても、他のチームや社外にはいるはず。そうした人たちと交流することで、そのやる気をもらうことも有効な方法です。

新しい環境に飛び込むことに、漠然とした不安を抱く人も多いようです。「逃げた先で新しいことを始めて、失敗したらどうしよう」と考えてしまう。その不安は、「本当のリスクとは何か」を考えていないために生まれているように思います。

最高のパフォーマンスを出すために、コンディション管理を心がけています。その意味では、経営者もスポーツマンも同じ。

ページの先頭へ