稲盛和夫の名言|悩んで悩んで、考え抜け

このエントリーをはてなブックマークに追加

いいんだ、悩め。悩んで悩んで、考え抜け。必ずどこかでわかってくる。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

物欲がまったくないんです。上を見ればキリがないですからね。いまはレストラン経営は順調ですが、当社の歴史を振り返れば酒造部門も浮き沈みの繰り返しです。先代が事業に失敗し、次代は借金を返すのに精一杯ということもありました。一寸先は闇。それを知っているから、むやみに物を買う気になれないのです。

上手くいっていない会社のトップは数字に弱いのはもちろん、数字を大雑把に、適当にしか把握していないから、桁が違っていても気づきません。把握しているといっても、自分の都合のいいように解釈しているだけという場合が多いのです。数字の桁を間違えるのは仕事の出来ないビジネスマンにも共通しています。これは学歴とは関係ありません。

ぼくは今、「企業理念」という言葉自体を使うのをやめようかと思っています。そもそも理念って何をするものなのか、よく分からない。ヒューマンフォーラムも企業理念を明文化していますが、文字で書いてあるより、「ヒューマンフォーラムはこうなったらいいよれ」と語ったほうが、よほど分かりやすいと思いませんか。

Cacooがヒットしたのは、僕たちが技術者的発想とは反対の考え方をしたからです。だから、一般のビジネスパーソンの支持を得られた。

定年前と後では、いろいろなことが変わってきます。この大きな山を乗り越えるには、家にお金がどれだけあるかを把握することがとても重要です。

雑談は「言葉」ではなく「気持ち」のキャッチボールなんです。ネタなんてどうでもよく、お互いの気持ちを伝え合えばいいだけなんです。

社員の力を発揮できる場を見つけてあげることが会社の一番の責任です。それが最もモチベーションアップの効果があると思います。

ページの先頭へ