盛田昭夫の名言|メーカーというものは、売ることまで責任を持つべきだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカーというものは、売ることまで責任を持つべきだ。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

伝統とは、いまの地点にとどまることを意味しませんが、そのためにも技術の伝承は大事にすべきです。

人に負けてもいい。しかし、やるべきことをやらない自分の弱さだけには絶対負けたくない。芯の強い心をつくっていきたい。

自分が物書きになるなんてことは、思いもよらなかったね。若い頃に「私は物書きになります」なんて言ったら、頭がおかしくなったに違いないと思われたことだろう。作文のクラスでは、落第ばかりしていたからね。文章を書こうなんて思いたったのは、50歳近くになってからだよ(笑)。

ハウステンボス歌劇団の学園には元宝塚で優秀な人やバレエの先生を集めました。一流の講師陣を集めないと良い授業ができませんから。

フォワードは、チームの勝利に直結する仕事をするポジション。わずかなチャンスでゴールを決めることが自分の評価を上げる。エゴイストになって要求することが当然だと思い至った。

中国での商品開発は、完全に現地化できています。日本のデザインを持ち込んだ商品はほんの数%です。中国のユーザーが好むものを中国でデザインして、中国で生産して売っています。

「重要な仕事が回ってこない」「同期より出世が遅れている」という声を聞きます。そういう時こそ今の仕事をしっかりやるべき。くさらず成果を上げていればチャンスは巡ってくる。

ページの先頭へ