土光敏夫の名言|上司が真剣に仕事に打ち込むことが、最上の教育になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下は上司の後ろ姿を学ぶ。上司が真剣に仕事に打ち込むことが、最上の教育になる。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつでもキッコーマンを辞められる人間になりなさい。いつでも辞められると思うからこそ、思い切ったことが言えるし、大胆なことができるのです。

三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨン3社の壁を取り払い、それぞれの事業ユニット、技術プラットフォーム、販売チャネルなどを戦略的に統合すれば、変化の激しいグローバル市場も攻略しやすくなる。

一人ひとりが自立したプロの世界では、「コーチだから偉い」という理屈は通りません。これはビジネスの世界でも同じだと思います。名の通った監督や経営者ほど目下の人への表現に気を配っている印象がある。

いくら学問があっても、学問だけでは悟れるものではない。

グローバルなシステム会社として「日本らしい品質」を前面に打ち出すべきかどうか、社内で大きな議論がありました。ただ、海外子会社の幹部は「NTTデータは日本の企業なのだから、日本企業としての強みを堂々と打ち出すべきだ」と賛成してくれた。

行動習慣を続けるだけでは、目標達成に近づきません。振り返りが重要になってきます。

祖業をリスペクトはする。でも縛られない。それが、グループの未来にとって大事なこと。

ページの先頭へ