土光敏夫の名言|スピードこそが生命

このエントリーをはてなブックマークに追加

変化の時代の経営では時間の要素が大きくものをいう。スピードこそが生命である。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

必要であれば前倒しで損失を計上し、新たな課題に挑戦するという「損切り文化」なしに、企業は成長を実現できません。これは野村グループの創始者、野村徳七翁以来の「先取の精神」による伝統でもあります。

私は誠実、真実一路に仕事をやってきただけ。

小事から大事は起きるもの。油断してはいけない。

大使というのは、わりと注目してもらえるので、積極的に相手国の催し物に顔を出して、シンポジウムで発言をして、いろんなレベルの人たちと知り合いになれるのです。問題が起きなければ、最終的に使わない人脈かもしれませんが、それはそれでいいのです。でも何か起きた時に、機敏に動けることが重要です。

私が指導するエグゼクティブは全員、過去の過ちについて関係者に謝罪する。そして、「自分は変わる」と公言し、周りで働く関係者に助言を求める。「私が変わるために役立つアイデアがあったら、ぜひ教えて欲しい」と。

わからないことはわからないと正直に言うことが大切です。想定外のときにかぎって、変に格好つけて、薄っぺらいことをいったり、変な口約束をしたりしがちですが、それで信頼関係が一瞬で崩れることもあります。たとえ「そんなことも知らないのか」と相手にいわれても、自信のないことは口にしない。「すぐ調べます。持ち帰らせてください」と対応したほうが、信頼関係は高まるでしょう。

軍人が国家に対してねだるようなことはしてはならない。

ページの先頭へ