土光敏夫の名言|これから期待される社員像は変化に挑戦しうる人である

このエントリーをはてなブックマークに追加

これから期待される社員像は変化に挑戦しうる人である。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成長へ一心不乱に取り組んでいるとき、コミュニケーションの落とし穴、陥没が会社のなかには必ず生まれるものだ。そこを気付いて埋めていくことが大事だ。

リセット力を高めるには、まず外見です。髪形でも服装でも、外見を変える。手っ取り早いことがいいのです。さっぱりと坊主頭にしてもいいし、渋めの好みを原色ベースの明るい服装に変えてもいい。周囲に宣言する意味が大きいんです。中身や性格や行動を変えるというのが日本人の精神性に合っているのかもしれませんけど、リセット力がない状態でいきなりやるのは難しいものです。

取引先だったグーグルのカンファレンスに毎年参加していたのですが、06年になってアジアのパートナー企業が急激に増えました。そこで話題にのぼっていたのは中国の検索エンジン大手バイドゥのロビン・リー社長や、アリババのジャック・マー社長です。二人は海外で成功して中国に帰るウミガメ族のシンボル的な存在でした。彼らの活躍を耳にして、ビジネスをやるなら国内より、外で成功して日本に貢献するやり方の方がいいし、自分も若い日本のウミガメを支援したいと考えるようになりました。

古典は「解説」から読みましょう。古典を理解するうえで重要なのは、歴史上の位置づけです。どのような時代に生まれて、その登場によって人間の見方・考え方にいかなる影響を与えたのか。そうした背景がわかれば、本文の理解も早く進むはずです。

条件を定め、捨てるものは捨て、残すものは残す。決断が早ければ、早く先に進むことができる。これは野村の一貫した方針です。

人は一緒に仕事をするまでは分からないものです。その人の基本的な考え方が私たちの会社に合うかどうか。その人がどのくらい本気で「やりたい」と思っているのか。

もし旧来型のリベート営業や地域担当制を続けていたら、2ケタ成長どころか、新製品を投入してもせいぜい売上高を前年並みに維持していくのが精いっぱいだったでしょう。

ページの先頭へ