松下幸之助の名言|世間は正しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世間は正しい。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「よそとは違う、良いことをやれ」という人がよくいますが、ある意味で矛盾しています。なぜなら、あからさまに良いことであれば、大抵よそでもやっていて違いになりません。いまは誰もやっていなくても、誰かがその良いことをやってぼろ儲けしていれば、すぐに真似する人が現れます。すると、違いが消えてしまう。これは戦略の宿命的なジレンマです。このジレンマを乗り越えるためには、時間的先行による専有とか、特許をとって模倣の障壁を高くするとか、様々な論理が考えられてきました。しかし、それだったら、最初から誰も真似したがらないようなこと、つまり「一見して非合理な要素」を入れた方が、持続的な競争優位につながるのではないでしょうか。

朝から丁寧に身のまわりを整えるとそれだけで気分爽快で、心が満たされます。そして、今日はどんな一日にしようかと考えながら会社に向かいます。

聴いていてわかりやすい文章とは、単純な文章です。プレゼン慣れしていない人の複雑な文章を聴いていると、何がいいたいのかまったくわからないこともあります。例えば関係代名詞を多用して、文章構造が複雑になるなら、文を2つに分けましょう。理解してもらうことが目的ですから。

そもその頭を使う習慣がないのは、本人のせいだけではありません。上司に「なぜですか」と聞くと、「余計なことを考えるな」と言われる。こうした職場環境で5年も10年も勤めていると、思考停止してしまうのも無理はありません。

株主の方々はお客様でもあり、彼らの声が一番の市場の声。

私の仕事は、先のビジョンを見据えて新たな事業を設計すること。だから、それに最も時間をかけたいと思っています。そういう意味で、朝から晩まで目先の仕事に追われている状況が一番苦手ですし、よくないと思っています。

BC(ビューティー・コンサルタント、化粧品販売員)には、販売員とカウンセラーの2つの役割がありますが、売上目標を重視すると、販売が主となり、お客様にお出しする情報も、「売る」ための情報になります。それでは「100%お客様志向の会社」は目指せません。お客様に直に接しているのはBCです。ですから、BCの意識から変える必要があるんです。
【覚書き|販売ノルマ全廃について語った言葉言葉】

ページの先頭へ