土光敏夫の名言|社長が雲の上の人であってはいかん

このエントリーをはてなブックマークに追加

社長が雲の上の人であってはいかん。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事時間を短縮するために作業を効率化するというやり方は、基本的には効かないと私は考えています。それよりも、余計なことをやめることが重要です。

平日は会社と家の往復だけ、という生活をしている人には、未来がないかもしれない。

昨年からは社長や支社長といった肩書きで呼ぶのは禁止し「さんづけ」に変えました。服装もスーツではなく、年中カジュアルでよしとしました。大企業病にならないために、もう一度、自由闊達な社風にしようと活動を始めています。

事業奉仕即幸福。事業を道楽化し、死ぬまで働き続け、学び続け、息が切れたら事業の墓場に眠る。
【覚書き|80歳の誕生日のとき、社員からの寄せ書きに対する返礼として書いた言葉】

「なかなか結果が出ない」と言って頑張ることを諦めてしまう人は、掲げる目標が大きすぎていることが多い。目標を小分けにすれば、「今、何をすればいいのか」が明確になるし、達成感もすぐに味わえる。

描いているときはものすごくテンション上がっているんですよ。クールじゃ作品なんて描けないですよ。

人はよいほうに考えがちですが、ビジネスを進めるうえでは悪い局面を想像し、数字として自分の腹の中に持っておくことが大事。

ページの先頭へ