本田圭佑の名言|アウトプットする経験に勝るものはない

このエントリーをはてなブックマークに追加

インプットする努力は怠らないけど、やっぱりアウトプットする経験に勝るものはない。


本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は60年以上生きてきて、若いころ組織の中でリスクをとらなかったエリートが、どれだけみじめな晩年を送るかを実際に見てきました。これははっきり断言できます。いくら組織で偉くなっても、新たな価値を生み出せない人は、世の中から居場所がだんだんなくなるのです。

優秀な人材を集めるためには、経営者の魅力や、共感できる理念が前提ですが、良い会社はどこもしっかり持っています。そのうえでの競争となったときに、働きやすい環境を提供することが、重要になっているということでしょう。

仕えた大将をヒーローにするのが参謀の仕事だと私は考えている。「この人はこんなことができたら素敵だな」と思うことを提案するのだ。私にとって損か得か、あるいはコンサルタント会社であれば会社にとって損か得か、次の仕事につながるかとか、そういうことは一切関係ない。

自社にとって最も優先順位の高い顧客は誰か。明確な基準がなければ、個々の社員は自分が担当しているお客様が一番重要だと思うでしょう。これでは意思統一ができず、社員によって判断がバラバラになってしまいます。

販売スタッフに「シャシを売るのではなくサービスを売ってほしい」と常々言っています。ホスピタリティー精神がなければ、どんないい商品も売れません。弊社では、いい商品を作っているから買いに来るのが当然という論理は成り立たないのです。

エモーショナルなビジュアルを分かってもらうために、実は言葉が欠かせない。

いくら正しい製品を日本に導入しても、それを認知していただかなければ意味がありません。心理的なバリアを解消するためには、やはり積極的な宣伝広告投資が必要であると考え、これを実行してきました。

ページの先頭へ