本田圭佑の名言|アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える。成功して自分のビジネスやビジョンを広めたいという思いがある。


本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近のバラエティを観ていると、どれも似た番組になってしまっていると感じることが時々あります。テレビを観る層が限られていて、その層に向けた番組だけにとらわれてしまっているような気がするんです。

変に何かスタイルを変えていくよりは、自分たちに何ができるのかということをはっきり丁寧に打ち出して、お客さまにお選びいただくことが大事。

部下に仕事を任せたあと、完成するまで放っておいてはいけません。途中経過の状況をチェックするポイントを設けるようにしましょう。

私としては「まずキャラクターをつくり、歩かせる」よりも、「そこにいるヤツを無理やり歩かせてキャラクターにしていく」方がやりやすいので、まずそこにいるヤツのケツに火をつけるために、そいつの周辺の人物を殺しちゃったりするわけです。なんか言葉が汚いですけど。

資料を作ってから話す内容を考えるということは、映画でたとえると演出・撮影をしてからシナリオを考えるようなもの。相手の心に響かない、つまらない映画を作るようなもの。

我々が抱える商品が世界で、どの程度必要とされているのかを考えなくてはならない。

部下へのご褒美の中でも最も効果的なのは「大きな仕事を与える」こと。自己効力感(自己有用感)をストレートに感じられるからです。加えて、その人が持っている潜在能力をすべて発揮したときに達成できるかできないか、といったチャレンジングな目標、つまりギリギリの目標を与えることが有効です。

ページの先頭へ