本田圭佑の名言|アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える

アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える。成功して自分のビジネスやビジョンを広めたいという思いがある。

本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ほんの一言、気の利いた言葉が使えるかどうかで、トラブルを回避できる確率がぐんと上がります。楽しく働くためにも、言葉の引き出しをできるだけ多く増やしましょう。

企業の「稼ぐ力」が最も重要。企業価値が向上し続けなければ、株価にも反映されません。

同僚は上下関係がない分、頼みごとをしにくい側面があるかもしれません。たとえば、仕事の納期が近く焦っているときに、隣の席の同僚が暇そうにしていたら、「暇そうに見えても実は忙しいかもしれない」と相手の都合を考慮したうえで、自分が困っている状況と、手伝ってもらえると助かることをストレートに伝えます。そうすれば、同僚の方でも素直に手を貸す気になってくれるでしょう。もちろん、普段から友好な関係を築いておくことが大切です。

時代のニーズに応えるのが我々の仕事だ。日本のエネルギー安全保障が一変し、LNG(液化天然ガス)への取り組みは強化せざるを得ない。今後2年間は資源・エネルギーへの投融資の配分が増える。世界人口が増える中で、生産・供給量を増やしていく。価格が下がっても、生産を増やして収益の「面積」を維持する。

先進的な取り組みはまず富士ゼロックス社内で実践し、効果を検証する「言行一致」が効果を生んでいます。顧客の購買部門に課題があれば、我々の購買のプロを派遣し、具体的な提案につなげるのです。

私たちはモノづくりの会社ですから「良い製品」を作り続けることは大前提。これを妥協した瞬間にお客様はいなくなる。ここは絶対に変えてはならない。

意見を言えない人には発言を促したり、雰囲気を盛り上げたりすることで会議の満足感を引き上げるのも、根底には「どうやったら良い人材に入社してもらえるか」「どうやったら社員がやりがいを感じ、定着してくれるか」という思いがあるからだ。そもそも私の経営スタイルは「観光業には人が来てくれない、定着しない」という悩みから出発している。

街を歩いていて楽しいのは、思いがけない風景に出会えること。だから海外で生活しているときは朝ご飯を食べたらすぐに散歩に出るんですよ。

つべこべいわずに目の前の仕事に真剣に取り組むべきだと思いますが、「つべこべタイプ」が意外にたくさんいます。そのような人にかぎって目的意識の薄い資格取得などに走り、「いつか抜擢されるだろう」と白馬の王子様を待ち続けるのです。OJT(職場内訓練)に勝る学習はないのだから、まずは目の前の仕事に打ち込みたいものです。

本業のベアリングはまだまだ伸びると確信していますが、いろいろな状況を想定して、それに対応できる体制を整えることが必要です。

ページの先頭へ