本田圭佑の名言|アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える

アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える。成功して自分のビジネスやビジョンを広めたいという思いがある。

本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現役時代、よく「そんな練習してキツくないの?」って聞かれましたけど、そりゃキツい。でも、やると決めて必死になれば、やれてしまうんですよ。

魔裟斗の名言|やると決めて必死になれば、やれてしまう


市場で一番高く売れるライン(価格帯)さえ見つけられれば、もう高収益・高付加価値は約束されたようなもの。

有本隆浩の名言|市場で一番高く売れる価格帯を見つける


人生は過程である、というのが私の持論です。斜めの坂を一生懸命に昇っていく過程が、人間の生き方そのものなんですよ。だからこそ、過程が大切であり、過程を楽しめない人は、人生を楽しめない。ひいては、仕事を楽しむこともできないでしょう。

滝久雄の名言|人生は過程である


いまは仕事の分業化や専門化があまりに進んだ結果、仕事において限定された能力ばかりを使う状況が起きている。そのため仕事とは別の能力を必要とする趣味を持つことで、まるで違う能力を活性化させて、全人的な能力のバランスを保つことも重要だ。その趣味が意外なところで仕事の役に立つこともある。

高橋俊介の名言・格言|趣味は仕事の能力のバランスを保たせる


科学技術の基礎研究は、イノベーションを起こしていくために不可欠のもの。リスクは高いがやらねばならない。

長谷川閑史の名言|科学技術の基礎研究は、イノベーションを起こしていくために不可欠


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ