大山健太郎の名言|需要を創造してきた最大のポイント

お客さま目線で、お客さまの満足する価格帯で満足する商品を作る力が重要です。それが今まで需要を創造してきた最大のポイントです。

大山健太郎 の経歴

大山健太郎、おおやま・けんたろう。日本の経営者。アイリスオーヤマ創業者。大阪出身。高校卒業後、急逝した父の跡を継ぎプラスチック成型加工の大山ブロー工業所代表に就任。その後、同社を法人化・事業転換しアイリスオーヤマに社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか、東北ニュービジネス協議会会長、宮城県産業デザイン交流協議会会長、日本DIY協会常任理事、東北経済連合会常任理事、日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会常任理事、仙台経済同友会幹事、みやぎ工業会理事、東北工業大学非常勤講師などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一度出世コースから外れてしまうと、大逆転は起こりづらいもの。しかし、若手を育成することで、まだまだ会社が必要とする人材として活躍する余地はあるのではないでしょうか。

安田正の名言|出世コースから外れても会社が必要とする人材として活躍する余地はある


グリコという看板は全国隅々まで、グリコ愛用者の頭の中に刻み込まれ、記憶のうちに残されていて決して焼けもせず、消え去りもしていない。我々が精魂込めてつくりあげた不滅の大資本であり、信用である。これがある限り、またこれに恥ずかしからぬ我々の努力精進がある限り、絶対にグリコは復興する。いや、復興以上の一大飛躍を遂げるであろう。
【覚書き|太平洋戦争によってすべての工場と機材を失ったときの発言】

江崎利一の名言|会社の不滅の資本とは


プロレスって、人を叩いたり蹴ったり、物を壊したり、汚い言葉を使ったりしますよね。これは、大人になる過程で全部、ダメですよって抑制されてきたものなんです。それを全部、プロレスではやるんですよ(笑)。普通に生活していたら、なかなか喜怒哀楽を出すこともできないですよね。だから、試合の中で喜怒哀楽をはっきり見せたいし、お客さんにはそれを見ることで、喜怒哀楽を解放してほしいんです。

棚橋弘至の名言|試合の中で喜怒哀楽をはっきり見せたいし、お客さんにはそれを見ることで、喜怒哀楽を解放してほしい


かつては、自分の志向性に合う仕事を見つけるのは、至難の業でした。だから、やりたいことよりも、社会を上手に生きる処世術を身につけることにみんな一生懸命だった。でも、いまはネットというインフラが整備されたおかげで、自分の志向性を活かせる仕事と出合える機会は圧倒的に増えました。

梅田望夫の名言|ネットにより自分の志向性に合う仕事を見つけられる機会が増えた


私がバカなことをしたとき、あなたたち(バークシャー・ハサウェイ株主たち)と同様に私も苦しむので、それを慰めにしてほしい。
【覚書き|バフェット氏は自己資産の99%をバークシャー株で保有しているので、投資が失敗したときは、氏自身も大損することについてユーモアを交えて語った言葉】

ウォーレン・バフェットの名言・格言|投資に失敗したら株主だけでなく自分も苦しむ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ