土屋敏男の名言|その人に興味を持つ

私がインタビューで重要と考えているのは、あらかじめ、その人に興味を持つということです。これはという事項は、時間をかけてどんどん掘り下げていくのです。

土屋敏男 の経歴

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中途半端なことをやってもお客さんは来ません。

澤田秀雄の名言|中途半端なことをやってもお客さんは来ません。


私の話す言葉やその意味が相手にわからなければ、信頼する、しない以前の問題で、興味を失ってしまいます。自分本位で誰彼となく同じように話せばいいのではなく、相手に応じて言葉を変えることが重要なのです。

南壮一郎の名言|相手に応じて言葉を変えることが重要


慶應義塾塾長に就任したのはリーマンショック直後。いきなり厳しい財政状況に直面しました。当時金融資産は約530億円の評価損を抱え、年度ベースの収支もマイナスという危機的状況。ちょうど慶応の創立150年記念事業も進んでいました。この時何より優先すべきと考えたのは学校の持続可能性です。財政再建のため150年記念事業の一部を凍結し、各学部などからの予算要望も相当削りました。金融資産についてもリスクが小さくなるよう構成の組み換えを進めました。

清家篤の名言|優先すべきことを見極める


自分でできることは何もないと思い込むと、他人任せになりがちです。私はもっと自分自身で安心感を醸成するセルフケアの方法や、妊娠出産を通して自分がどう成長できるのかを知りたかった。「お任せ」ではもったいないと思いました。
【覚書き|出産前に情報を集めたときを振り返っての発言】

大葉ナナコの名言|自分自身でできることは何もないと思い込むと、他人任せになりがち


因というのは、たとえば、蒔いた種のことだ。これを耕作培養するのが縁だ。種を蒔いた因と、培養した縁とによって秋の実りを得る、これを果というのだ。

二宮尊徳の名言|因・縁・果


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ