津賀一宏の名言|赤字を出しているということは、つまり当社がやる必要のないことをやっているということ

赤字を出しているということは、つまり当社がやる必要のないことをやっているということ。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目の前の事業だけではなく、将来の事業に広がりをもたらす要素に誰かが目をつけておくべき。

上條努の名言|目の前の事業だけではなく、将来の事業に広がりをもたらす要素に誰かが目をつけておくべき


利益を社会に還元することは、地域に根差す企業として大切な取り組みだと考えています。経済的な理由で進学困難な生徒や学生を支援する奨学金制度や、社会福祉法人を通じて老人ホーム・デイサービスセンターの運営も行っています。

野原勇の名言|利益を社会に還元することは、地域に根差す企業として大切な取り組み


特に、独立を考える資格取得者はより明確なビジョンが必要です。司法試験や公認会計士などの難関資格受験者は近年、減少傾向にあります。資格士業の需給バランスが崩れ、供給過多となり、資格取得後も仕事のない人がいるからです。もし、米国のように自由経済社会ならば、資格士業でも競争市場は成り立ちます。しかし、日本には、昔からのれん分け制度があり、新参者は参入するのが困難といった側面があります。資格取得後の活用戦略こそが、シビアに問われます。

末木紳也の名言|資格取得後の活用戦略こそが、シビアに問われる


反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。

セバスチアン・スランの名言|人工知能が人間から仕事を奪うことは悪いことばかりではない


SNSでの交流には、独特の距離感が求められます。また、頻繁にブログやメルマガを更新するためには、それなりのコツが必要なのです。独立直後の多忙な時期、ネット活用にまごついていると、ビジネスで遅れを取る危険性が大。そこで、独立前からネットに触れ、思いどおり使えるようにしておきましょう。

山本悟の名言|独立前からSNSなどに触れておくことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ