津賀一宏の名言|赤字を出しているということは、つまり当社がやる必要のないことをやっているということ

赤字を出しているということは、つまり当社がやる必要のないことをやっているということ。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々の案件では、失敗するM&Aはほとんどありません。1つの案件につき、売り手と買い手の間を何度も行き来して慎重に進めているので、失敗事例は極めてまれです。当事者同士や素人の仲介で話を進めると、失敗しやすくなります。

TOTOが新興国市場を攻めるときには、まず主要都市に大規模なショールームをつくります。同時に、空港などシンボリックな場所に商品を出していく。我々が狙っているのはハイエンドな消費者。そこをターゲットに、最先端のものをなるべく早く持ち込もうとしています。TOTOはハイエンドの領域に絞って、ブランドイメージを引き上げていきました。

経営哲学や経営理念を口で教えることは大切です。しかし、それだけでは駄目です。経営トップや現場の先輩がどんなに苦しい状況にも背を向けず、顧客の信頼を勝ち取る姿を見せることが、若い人を育てる最良の方法です。そして、若い人の意見を引出し、全員の士気を高めながら、適材適所の人材登用を積極的に行っていくのです。

若い世代を育てるなら、積極的に声かけして説明を怠ってはいけない。もう「俺の背中を見て勝手に学べ」という時代ではないのだ。

いまが不景気だといったって、高度成長の消費が最高に伸びた時代のイメージを早く取り除いて、新しいスタートだと考えればいいんで、その意味でもとくに若い人の活躍に僕は期待したい。

自身の信念の声を聴き、自分に誇れる生き方をしたい。

M&Aをするときの3つのポイント

  1. 明確な長期ビジョンを立てて一貫した戦略で継続していくこと。
  2. 買収先、合弁先は他者からの情報よりも自らの目と耳と手足で探すこと。
  3. 各国の状況に即し柔軟に対応すること。

当社ではコンテンツに付けられたメタデータ(属性情報)も活用しています。大量の素材を分類して、いかにお客さんに使いやすいように提供できるか、そのシステムを改良します。当社がユーザー企業に提供しているツールの「Connect API」では、メタデータを使って、膨大な保存写真から最適なものを自動的にサイト上に表示して、その反応まで分析することができるようになっています。

販売後のサービス・サポート領域も技術とセットで考える必要がある。米アップルの付加価値の源泉は、iPhoneの製造販売でも中身のチップやOSでもなく、100円のアプリを販売する仕組みだ。CPUやチップやOSだけで同社の産業競争力は議論できない。

文学が選ばれた人たちだけの遊びにならへんほうがいいと思うんですよね。サッカーのレベルが上がったのって、サッカー人口が増えたからやと思うんです。僕が年取った時にめっちゃおもろい本読むためには、文学を好きな人が増えれば増えるほど、とんでもないのが出てきやすくなる。

ページの先頭へ