津賀一宏の名言|赤字を出しているということは、つまり当社がやる必要のないことをやっているということ

赤字を出しているということは、つまり当社がやる必要のないことをやっているということ。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

知りたくない世界を知らずにすませるのもひとつの生き方だとは思います。でも、成長意欲のある人ならば、自分の知らない世界について覗いてみたくなるものではないでしょうか。

藤井清孝の名言|自分の知らない世界を覗いてみることの大切さ


接待で相手を説得する心理テクニックを「ランチョンテクニック」というように、会食が人間関係のショートカットになるのは明らか。接待費は大目に見たほうがよさそうです。

本郷陽二の名言|会食が人間関係のショートカットになる


常に、「想定外というのは起きるものだ」と考えていかないと。

飯島彰己の名言|想定外というのは起きるものだ


正義は勝つと思ったら大間違い。組織のシステムのなかにいる自分の立場を忘れたら失敗する。

佐藤優の名言|組織のシステムのなかにいる自分の立場を忘れたら失敗する


手抜きの失敗でもせいぜい3回で直る。一番恐いのは、自分の失敗が手抜きだと気づかない人。こういう社員は報告してこないし、同じ手抜きを何度も繰り返す。

酒巻久の名言|一番恐いのは、自分の失敗が手抜きだと気づかない人


成功体験を積み重ねると結果として、変化に対しても「これまでやってこられた自分なら、状況が変わっても何とか乗り越えていけるはず」とポジティブな感情を持てるようになるでしょう。変化対応力を支えるのが自己信頼感です。

大久保幸夫の名言|成功体験を積むことは、変化への対応力を高める


復職者への支援は、本人が「働く能力」を取り戻すことが重要。せっかく復職したのに、周囲が腫れ物扱いして仕事を与えずにいれば、働く能力は失われ、本人の意欲はますます低下します。私は精神科医として、復職者を受け入れる上司には「特別なことは何もせず、原則、他の部下たちと同じように業務を与えてください」と伝えています。

白波瀬丈一郎の名言|復職者への支援の仕方


「楽をして、ぐうたらに生きる」が私の座右の銘で、60歳を超えてから何度も南洋の村に永住しようと本気で考えた。だがその都度、妻子の猛反対にあって断念した。世俗の仕事に追いまくられ、「人生思い通りには運ばない」とボヤいていたが、このごろは生涯現役も悪くはないのかなあという心境になってきた。どうやら、勤勉な妖怪が私に乗り移っているらしく、死ぬまで忙しそうだ。

水木しげるの名言|生涯現役も悪くはない


テレビメディアというのは、凋落がささやかれていますが、それほど衰退しているとは思いませんし、現在も価値の高いメディアです。しかし、うちは、その価値をまだ十分に表現していない。確かにキー局と比べれば小粒ですが、首都圏の中心部をカバーし、東京という国際都市のメディアであることを考えれば放送局の全国トップ10くらいには入りたい。それくらいのポテンシャルはあると思っています。

後藤亘の名言|全国トップ10くらいには入りたい


「他人の芝生は青く見えるんだ」って、割り切ってしまえば楽になりますよ。その青い芝生を持っている人だって、実はほかの人の芝生を美しいと思っているんですから。

河上和雄の名言|「他人の芝生は青く見えるんだ」と、割り切ってしまえば楽になる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ