津賀一宏の名言|これからは、地域ごとに異なる商品作りをしなければ、買っていただけなくなる可能性が高い

テレビやデジカメは当社では数少ないグローバル商品であり、比較的同じような商品が世界中で売れる傾向にあります。しかし、この傾向はもう終わるのではないかというのが仮説です。これからは、地域ごとに異なる商品作りをしなければ、買っていただけなくなる可能性が高い。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

金をののしるなら、金なしで生きてみればいい。

鷲田小彌太の名言|金をののしるなら、金なしで生きてみればいい


昨日の自分を信じない。昨日の自分が好きじゃない。昨日の自分に興味がない。何かを成し遂げようというとき、これはとても大切なことだ。何かを成し遂げるためには、延々とその場で粘ることが大事だと思われがちだが、じつはそうではない。自分を成長させるためには、昨日の自分のままではいけないのだ。

テリー伊藤の名言|昨日の自分を捨てることが成長につながる


最近は病院づくりのプロジェクト全体をサポートするように変化しています。相談の入り口は手術室、ICU(集中治療室)などの高濃度治療領域から入るケースが多いんですが、実際に話をしてみると、ドクター・ナースの方々は病院づくりに関わっていく中で様々な課題が表面化し、そのことが消化不良になりながらプロジェクトが進んでしまっているケースが非常に多いことが分かってきました。最近はこのように病院づくりに関わる様々な課題解決こそが自らの事業領域と捉えています。

増田順の名言|様々な課題解決こそが自らの事業領域


社員に何かを伝えるとき、表現に困ったら古典に立ち返ります。

小山田浩定の名言|社員に何かを伝えるとき、表現に困ったら古典に立ち返ります


自分の心に水を与えなければいけない。そういう喜びがないと仕事も続かない。決算書だけの人生なんて悲しすぎるだろう(笑)。

落合信彦の名言|自分の心に水を与えなければいけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ