津賀一宏の名言|「お客さまの役に立つ」ということを最も重視する会社こそ目指すべき姿

「お客さまの役に立つ」ということを最も重視する会社こそ目指すべき姿。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議で積極的に議論を引っ張っていこうとする人がいる一方、最後に「あの人の意見を聴きたい」と思わせる人がいるものですが、そんな人がドンになっていく。

僕はいつも「一歩引いた視点」で物事を見ています。すると視野が広がり、物事を客観視できる。目の前で起こる出来事に一喜一憂せず、冷静な判断につながる。

来園されるゲスト(お客様)の満足度とは何かといえば、パーク内での様々な体験を通して感じる体験価値への評価です。それは施設やアトラクションなどによる目に見える体験価値だけでなく、目に見えない体験価値が大きな部分を締めます。その多くはキャスト(従業員)のホスピタリティ(おもてなし)から生まれます。この目に見えない価値をいかに高めていくか。それが私どもにとっては、一番肝の部分なのです。

大きな目標を立てても、小さな目標を立てても、事業運営に必要な基本的なステップ、努力量は同じです。しかし、大きな目標を立てることによって、それを達成するためにはどうすれば良いのかをより広く深く考えるようになります。

変えよう、変革しようとする気持ちが大事。

物事を処理する場合に、よくよく吟味し、落度のないようにして断行すれば、他国の悪党などにも乗ぜられぬものである。一家の場合で見ても、不規律でみだらな家庭と知られたならば、必ず他家の者に悪事をされるものである。

売れない商品を無理やり売ってはいけません。消費者も喜ばない。

UCLAのある教授が私にこう言いました。「滝さん、日本はすごいね。とくに東京の都市鉄道はすごい。路線の長さ、輸送量はもちろん、排ガスもなく、クリーンで安全。ロスはいま、排ガス問題が深刻だから、鉄道交通を再評価しているんですよ」と。この一言が私のライフワークを決定づけました。帰国後、すぐに鉄道ビジネスの世界を徹底的にリサーチして、駅広告の分野に大きな可能性を見出しました。都市の鉄道および駅に新しい付加価値を創造することを、自分のライフワークにしようと決めたのです。

どんなに自信がない人でも、一生懸命に考えれば、長所の1つや2つは見つかるものです。普段は気にも留めない自分の長所をしっかりと意識することで、心をポジティブな状態に変えられる。

オール電化が一方的に広がっていくのは、たぶん良いことではありません。単純な言い方をすれば、瞬間ガス湯沸かし器で、必要なときに必要なだけお湯をつくるというガスならではの長所があります。厨房、お風呂、暖房と家庭におけるエネルギー供給の主役は、照明以外の分野ではガスが主役だと確信しています。

ページの先頭へ