津賀一宏の名言|「お客さまの役に立つ」ということを最も重視する会社こそ目指すべき姿

「お客さまの役に立つ」ということを最も重視する会社こそ目指すべき姿。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は、理想に向かって走るより、いま面白そうなところに石を投げる生き方をしてきた。

田原総一朗の名言|僕は、理想に向かって走るより、いま面白そうなところに石を投げる生き方をしてきた


私は仕事柄多くの経営者にお会いしますが、率直に言って「会社や業務のことは俺が一番わかっているから大丈夫」と、思っておられる経営者が多い。しかし本人は見えているつもりでも、じつは見えていないというケースは想像以上に多いのです。

遠藤功の名言・格言|自分の会社のことはよくわかっていると思い込みがち


トレーニングを始める前に、私がクライアントにお願いするのは、まず「寝る時間を決める」こと。次に「起きる時間を決める」こと。最後に「食事の時間を決める」こと。これができてはじめて、トレーニングに移ることにしています。筋トレだけをしても生活環境が乱れていては健康を損なってしまう。意味がないんです。

山本ケイイチの名言|トレーニングを始める前に決めること


これができなかったら金メダル争いには加われないし、競技者として終わりだという覚悟で取り組んだ。自信を持って五輪の舞台に立つためにも、女子選手が誰もやっていない技を完成させる必要があった。

上村愛子の名言|これができなかったら競技者として終わりだという覚悟で取り組んだ


成功者のノウハウよりも、まずは自分に目を向けるべきです。たいがいの人は、知らず知らずのうちに、成功から遠ざかるような行動をとっているものです。テレビをダラダラと観ていたり、メールばかり打っていたり、休憩時間が長すぎたり。そうした無駄な行動を、無理のない範囲で減らせばいいのです。

岡田斗司夫の名言|成功者のノウハウより、まず自分の現状を認識するところから


人に褒められて有頂天になり、人にくさされて憂うつになるなんておよそナンセンス。なぜなら、そんなことくらいで自分白身の価値が変わるものではない。

立石一真の名言|人からどう言われようと自分自身の価値は変わらない


「神は細部に宿る」といわれるように、ディテールにはこだわるべきですが、説明する時は客観性を持たなければダメ。企画ラブになると視野が狭くなりがちです。

嶋浩一郎の名言|説明する時は客観性を持たなければダメ


こだわりを持つ、集中して効率を上げるためのアイデアを出すなど、会社の一層の成長のためには、社員に全力で走ってもらうことが不可欠。

堤智章の名言|一層の成長のためには、社員に全力で走ってもらうことが不可欠


多くの人はチェスの試合に出ることが上達の道だと答えたが、実際は違った。それぞれの方法で訓練を行った人々のチェスの成績と比較すると、試合に参加することと成績には相関が見られず、試合以外でチェスをすることは上達を阻害し、盤面の分析を行うことが成績を向上させるという結果が出たのだ。つまり、チェスがうまくなるには、どれだけ練習に時間をかけたかということとともに、どのように時間を使ったかということにかかってくるのだ。

アンダース・エリクソンの名言|上達への道


選手だけではなく、クラブの経営者がプロになる必要がある。

村井満の名言|経営者がプロになる必要がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ