大川隆法の名言|「一定の限界が出た」と思ったら、「それをどうブレイクスルーするか」ということを常に考える必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

「一定の限界が出た」と思ったら、「それをどうブレイクスルーするか」ということを常に考える必要がある。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は、自分のことを知っている人に興味を持つでしょう。だから、私がまず社員を知ることから始めたんです。
【覚書き|リクルートの社内報の編集長に抜擢された当時を振り返っての発言】

昇り調子の最中に自制するのはとても難しい。私の場合も無理でした(笑)。

たとえば冒頭に「話のポイントは3つあります」と要点を述べ、その後に詳細を説明してくれれば、ああ3つあるんだなとわかるが、いきなりミクロの話から始められると、いったい要点がいくつあるのか、何を言いたいのか聞く側の頭の整理ができない。とくに技術系の人にそういう人が多いが、説明はまず結論のマクロから入れと上司が何度も指導する必要があります。

企業の信頼は個人の小さなことの積み重ねによってつくられる。

一人の人間で、そんなに能力出ませんよ。
【覚書き|社長を退いて、鈴木敏文氏に経営をバトンタッチした時の言葉】

我々がやっていることは、数字(現在の業績や株価)が悪い時点で、将来の数字をイメージする。投資価値ありと判断したら、数字の悪いときにこそ買いに行きます。私は鉄鋼会社が赤字で斜陽産業と言われていた頃に鉄鋼株を大量に買っていました。投資をする裏づけとして業績や相場の数字に頼るのは、気持ちの弱さの表れです。

優しさにしても、単に温和で親切なだけでは不充分です。「なぜ、自分は優しくしているのか」と考える理性を持って、「本当の優しさとは何か」ということを理解していく必要があります。

ページの先頭へ