大川隆法の名言|「一定の限界が出た」と思ったら、「それをどうブレイクスルーするか」ということを常に考える必要がある

「一定の限界が出た」と思ったら、「それをどうブレイクスルーするか」ということを常に考える必要がある。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

信頼がなければ、指導者の声なんて届かない。

眞鍋政義の名言|信頼がなければ、指導者の声なんて届かない


基本は公式通りでも、細部には微妙なチューニングが必要です。これができないと、たんなるマニュアル人間の域は出られません。つまり、いざというときに応用が利かないから、結局、使えないのです。

江川達也の名言|細部には微妙なチューニングを


理念は頭でわかっているだけではダメ。理念を本当にわかっているかどうかは、実際に仕事をして何か意思決定をするたびに試されます。そうやって徐々に理念を自分のものにしていくと、周りの人ともそれを共有して仲間になれます。

桑原豊の名言|理念は実践することが大切


挨拶とは何か、それは「心を開いて相手に迫る」ということです。

鈴木健二の名言|挨拶とは心を開くこと


世界が危機に瀕する今、人類は争いごとなどしている場合ではありません。今こそ、利己主義「ミーイズム」から利他主義「ユーイズム」へと転換しなくてはならない。

浅川有基の名言|利己主義から利他主義への転換を


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ