土光敏夫の名言|「いまの若い者は、よくやっている」と、言ってきた年寄りは、いつの時代だっておりゃしなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いまの若い者は、よくやっている」と、言ってきた年寄りは、いつの時代だっておりゃしなかった。昔から「いまの世の中は悪くなった」と、年寄りはボヤいてきたんだ。しかし、悪くなった面も少しはあるが、良くなった方が多いだろう? そういうものだよ。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大事なプレゼンの前は、イメージ・トレーニングをします。これは大変効果があります。1分ほど目を閉じて、自分がプレゼンしている姿をできるだけリアルに思い描きます。「ここに○○部長が座って、この資料を見せて……そうしたら、こういう質問が来るかもしれないな。じゃあ、ここは気を付けておかないと……」という具合です。これを本番の4~5日前から時間を見つけて繰り返します。すると、すでに何度も経験しているような気になっていますから、当日は緊張することなく、自分のペースでプレゼンに臨むことができるのです。

上司がどんなときに機嫌がいいか、悪いかという法則を見つけるのも効果的です。「納期前はイライラ」「会議が終わると上機嫌」などのパターンがわかれば、それに合わせて動くことができます。機嫌のよいときに話しかけたり、仕事を突然押し付けてきそうなタイミングを見計らったりといった対策がとれます。先読みのテクニックの磨きどころです。

グローバル化は結局、ヒトの力をどれだけ高められるかにかかっている。人材力を高めることこそが、グローバル化のカギ。

全体最適のうえで、上司の指摘は聞き入れるべきではないケースもある。その場合、上司に論理的に説明し理解を得る訓練をすれば、経営判断力や胆力の養成につながります。

今の私がいるのは、育て、磨いてくれた方たちがいたから。本当に感謝していますし、私も人に対してそうでなければいけないと思っています。

(資金を)「借りて開業」には長所も多いことを強調しておきたい。お金を借りれば、資金調達のノウハウが学べます。また、きちんと返済すれば金融機関の信頼が得られるでしょう。この2つがあれば、将来、事業拡大を目指して融資を申し込む際に、強い武器となる。

計画は立てます。でも人生は計画通りにはいきません。いくら線表を引いて、詳細なプランを立てても、予想もしないことで変更を迫られる。そのときどんな意思決定をするかが重要なんだと思います。

ページの先頭へ