土光敏夫の名言|年寄りの役目

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人たちが、荷物を放り出そうとしたら、年寄りは、どんどん荷掛け役をやって背負わすんだよ。年寄りの出来ることはそれぐらいだよ。
【覚え書き:若者の鍛え方について】


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

無気力は決して個人の資質の問題ではありません。無気力は学習されて獲得されるものです。

対人の感情的なトラブルを避けるコツは、予測をせずに人の話を聞くことです。相手が何を言うのか予測して話を聞くと、予測と違ったときに反発を覚え、それがトラブルの元になったりします。決めつけはせずに素直な気持ちで人の話に耳を傾けてください。

会社が成長するには、まずは足元で取り逃がしているビジネスチャンスを探し、それを着実に積み上げていく。それができるようになってはじめて、次の成長に向けた手立てが打てる。

残業をなくすポイントは「無・減・代」。つまり、「その仕事は無くせないか」「無くせないのなら、減らせないか」「他のやり方に代えられないか」。「無・減・代」を考えれば、残業が減ったからといって業績が下がることはありません。

一流とは、人が真似できないことをする人です。また、その道を極めている人物、精通している人のこと。

自分たちの製品を知らずに、どうやってお客に勧めるというんだい?
【覚書き|経営危機のアップルに呼び戻されたときの発言。当時の開発陣に製品の利点やターゲット客について尋ねたが誰も答えられなかった。その後、15製品の商品ラインナップを4製品に絞ることとなる】

私は昔から「5分前行動」を徹底しています。相手と「約束した」時間を守るということは、信頼関係を築くための第一歩。

ページの先頭へ