土光敏夫の名言|自分で考えて、自分で自分の将来を切り拓いていくしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で考えて、自分で自分の将来を切り拓いていくしかない。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「本は最初から最後まで読まなければならない」という「読了教」に、多くの人はとらわれすぎていると思います。「はじめに」だけを読んでも大いに刺激を受ける本もあるし、最初から最後まで読み通しても響くものがない本もあるのですから。

むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。

私の考える知識とは、記憶するものではなく、使うものです。

いまは、単に商品説明をすればモノが売れる時代ではありません。営業マン一人一人が、顧客の課題を聞きだして解決することが必要となります。

プロジェクトを起こすとき、本をまず作ったことがアイデアを具現化する上で大きな役割を果たしたと思います。また本をつくる過程で、頭が整理され、プロジェクトの最終形がどんどんクリアになっていくのもいいですね。

哲学は、宇宙という常に目のまえに開かれている偉大な書物に書かれている。その書物は数学という言語で書かれていて、文字は三角形や円やそのほかの幾何学図形である。

失敗して落ち込んでいる人をよく見かけますが、気を落とす必要は本当にないです。重要なのは失敗から何を学んで、どう活かしたかで差がついてくるということです。がっかりしている暇はありません。失敗を恐れずに、果敢にチャレンジしていきましょう。

ページの先頭へ