大川隆法の名言|大きな企業ほど、変化速度を速める努力をしなければ、必ず負ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の経営状況を見ると、結局、「速さ」の勝負になっています。「大きな企業ほど、変化速度を速める努力をしなければ、必ず負ける」ということが方程式的に見えているので、いかに変化速度を速めるかが大事です。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

安易に会社を辞めるべきではありません。会社内で築いたスキルは社外で通用しないことも多いもの。もし転職や起業を考えているなら、自分の力を過信せず、資格を取ったり、日頃から起業センスやネットワークを作っておくことが大切。

会社って、いつも順調に成長できるほど甘いものではない。うまくいってはダメになり、そこを乗り越えて大きくなってはまたダメになるという繰り返し。だから失敗するのは、ある意味あたりまえ。

落語家は自惚れが強いのと同時に、逞しさも兼ね備えています。そうでないと、この業界を生き抜くことができないのです。つまり我が身に起こった恥ずかしいことですらネタにするわけで、多分にマゾっ気があるのかもしれません。

「仕事を頼まれると断れない」という人は、性格というより「これ以上仕事を増やすのは無理だ」という自覚が持てないところに問題があります。その点、タスク(時間が決まっていない仕事)とアポ(時間が決まっている仕事)の見える化で先を見通すことができれば、キャパシティを超える仕事が来た時点で、これ以上は引き受けられないと自信をもって判断できるようになります。また、仕事を依頼してきた相手にも、できない理由をきちんと述べたうえで断わることができるので、相手の納得も得やすくなるでしょう。

特許にスキマがあれば、競合他社に入りこまれて権利は無効になってしまいます。だから「これが花開くだろう」という基本特許を取得しておくことはもちろん、枝葉のような技術、それこそ5行のメモで終わるような小さい技術のオリジナリティを主張することも含めて、さまざまな特許を準備しておくという戦略が要るんです。

人は追い込まれないと深く考えないし、そういうプレッシャーの中でしか真の実力は養えません。曖昧で答えのわからない状態というのは誰にとってもつらいものですが、私はそういう局面こそ強くなるチャンスだと常に考えるようにしています。

どんな優秀な人でも、ミスを犯すことはあります。が、実力が問われるのは、そのあとの対応です。ただ「すみません」と謝るだけの人は三流。セカンドベストでその場をしのごうとするのは二流。全体を見渡して、最善の策を講じられるのが一流。

ページの先頭へ