大川隆法の名言|大きな企業ほど、変化速度を速める努力をしなければ、必ず負ける

今の経営状況を見ると、結局、「速さ」の勝負になっています。「大きな企業ほど、変化速度を速める努力をしなければ、必ず負ける」ということが方程式的に見えているので、いかに変化速度を速めるかが大事です。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

うちの営業と言えばルートセールスだけでした。これではダメだと新規営業をやるしかないと思い、まずは自分が率先してやりました。エリアを決めて飛び込み営業もしましたが成果が出ず、心が折れそうな日々が続きました。でもようやく1件の新規案件を取れました。これをきっかけに、駄目だと思っていた新規営業もやればできるんだということが分かって、営業全体が活気づきました。

海外では、発言しない人は存在しないことと同じ。

金利に比べて手数料は軽視されがちですが、これも資産を減らすリスク要因。しっかりとチェックしてください。

『貨幣数量説』は移行期には厳密にも絶対的にも成立しない。

ある社長は通勤中にエッセイ集を読むのだそうです。小説と違い、エッセイは短時間で読み終えることができるという利点があります。そしてエッセイの内容そのものではなく、著者の視点を学ぶことで、それを一日の仕事に生かすとのことでした。これには私も感心させられたのを覚えている。

いままでの駐車場業界はサービスの「サ」の字もありませんでした。ほかの業界で当たり前のサービスを導入するだけで、何でも業界初になるんです。例えば、会員組織向けにロードサービスのようなものを手がけることも考えられます。

なぜその人はあなたの企業やその商品を選んだのか、その本当の理由を理解するためには、直接会話することが重要です。

下手でもいいから単語を並べて一生懸命話すと、「あっ、通じた」という瞬間が来ます。そのときの感動はすごいものがあります。僕はそれがクセとなって、どんどん英語を話すようになっていきました。だから勉強しているという気はなかったですね。

人は他人にとってはオオカミである。

新宿の伊勢丹は、元々は駅から遠かった。駅から遠いので、とにかく自分たちのお店にしかないもの、他と違う商品開発をするというDNAが歴史的にある。

ページの先頭へ