大川隆法の名言|大きな企業ほど、変化速度を速める努力をしなければ、必ず負ける

今の経営状況を見ると、結局、「速さ」の勝負になっています。「大きな企業ほど、変化速度を速める努力をしなければ、必ず負ける」ということが方程式的に見えているので、いかに変化速度を速めるかが大事です。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「築地銀だこ」を始めたときは半年間、毎日たこ焼を食べ歩いて研究したし、チェーン展開を始めてからは、時間さえあれば各地のショッピングセンターを見て回っていました。全国のショッピングセンターは、もうほとんどすべて足を運んだと思いますよ。

佐瀬守男の名言|はじめはライバルを研究する


統括会長(父のロッテ創業者の重光武雄氏)も昔は銀行に非常に苦労しています。ですから私もあまり借り入れに依存しないつもりです。グループ内にはまだいくつかの未上場企業もありますので、いまはそれらの上場なども含めて検討しています。

重光昭夫の名言・格言|銀行の借り入れに依存しないようにする


現代は、個人の力を最大化することが重要な時代。サービスでも、経営でも、個人にフォーカスを当て、その力を最大化する経営スタイルを築いていきたい。

吉田浩一郎の名言|現代は、個人の力を最大化することが重要な時代


私はリクルートで非常に多くのことを学ばせてもらいました。その中でも素晴らしい上司に囲まれて仕事ができたことは大変ためになったと思います。よく自分の仕事が分からないときにどうしたらいいのかと上司に聞いていたのですが、その時逆に「お前はどうしたらいいと思う」と聞かれるのです。そして私が胸を張って答えると、「それならやってみろ」と言ってくれるのです。毎日この繰り返しで過ごしていましたので、自発力といいますか、言われたことを鵜呑みにするのではなく積極的に自分でものを考え、行動するという癖が身につきました。そのようにして仕事とは作り出すものということを教えられたのです。

小林靖弘の名言|積極的な部下をつくるには


再建に失敗し経営破綻する企業には、共通する要因がある。最大の共通要因は、社長が不振の原因を外部環境のせいにしていること。「うちはよくやっている。でも環境が悪い」と。何か起こった時に社長が「こういう環境だから仕方がない」と言うと、社員もそう思ってしまいます。皆やる気をなくし、しばらくして外部環境が回復しても、その時にはもう立ち上がれない組織になっている。

近藤宣之の名言|再建に失敗する企業の共通点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ