大川隆法の名言|どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションには、これまで成果をあげていたものを捨てていく面があるので、そういう意味で、どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

駆け引きのことは親父に習ったからわかるようになったけれど、親は子供の性格をよく見ているものだと思った。中学生のころに父が言った通り、駆け引きは嫌。私には無理なんだ。結果的にメーカーへと走った。フローリング材の品質を良くして、ちょっとでも安くすればどんどん売れた。シェアがトップになるのに3年かからなかったから、それだけ他社の品質が悪かったわけ。いつの間にか品質で勝負する会社という形になりました。

私は、経営を学んでいく過程で、会計が現代経営の中枢と考えるようになりました。会社を長期的に発展させるためには、財務状況の実態を正確に把握されなければならないと気づいたのです。

自分の人生の目標が分からない場合は、自分の強みや価値観を書き出してみましょう。仕事上の強みだけでなく、ユーモアのセンスの有無などの人間性も含めて、すべてを書いてください。心から欲するものを知り、それを求めることにより、膨大なエネルギーが生まれるのです。そして、その結果、勉強や仕事のスピードも加速します。

世の中には、自分が「よい」と思うものもあれば、「悪い」と思うものもあります。そのように、好悪がハッキリと出てくるものの中に、自らの何らかの才能がある場合がある。

自分で自分を客観視するのは難しいですね。その点で、ウィークタイズ(弱い結びつき)の関係にある人は的確なアドバイスをしてくれる可能性が高い。

売れない営業チームは「今日は売れた」「今日は売れなかった」に終始する、その日暮らし型営業になっています。売れない日には「なぜ売れなかったか」を分析し、経験や知識を蓄積、共有するという仕組みができていません。

まずは、組織として会社がうまく機能しているか、会社の成長を阻害している要因はないのかチェックする必要がある。成長阻害要因を発見するには、以下の6点をチェックするのが効果的。

  1. 従業員が部門のミッションや自分の役割、目標を具体的に答えられるか。
  2. 一日の仕事で何をどこまでやるかを各人が認識しているか。
  3. 管理職は部下にどこまでやってほしいか明確な指示を出しているか。
  4. 目的が不明確な長時間の会議が行われていないか。
  5. 管理帳票が結果を管理するのではなく改善のために活用されているか。
  6. 社内に聖域やタブーはないか。

哲学と実務能力のバランスが取れてこそ、魅力ある接客サービスが出来るのです。

財務を理解するには決算書を読み解くというのが普通の考え方のようだ。しかし、決算書は日々の企業活動にともなって起票していく帳簿の要約でしかない。本当に財務を理解したいのなら、簿記をマスターして帳簿の行間から企業活動の実態を読めるようになりたい。

私の役目は、「場」や「機会」を設けること。細かなルールで社員の行動を縛るのではなく、迷ってしまった時のためのモノサシを用意することです。ある種の「コモン・ロー(慣習法)」ともいえる成熟した文化を育てていくことが、さらなるサービス向上のカギだと信じています。

ページの先頭へ