大川隆法の名言|どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない

イノベーションには、これまで成果をあげていたものを捨てていく面があるので、そういう意味で、どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

手帳に「自分の考え」や「将来の希望」「元気をもらった言葉」などを書いては読み返すようにしていたら、そのうち手帳を開くのが楽しくなってきました。それだけではなく、頭が整理され、やる気が出てくるのです。手帳にこんな効果があるとは自分でも驚きでした。

下川浩二の名言|手帳に書くべきこと


今は未来のためにあるもので、今、どうあるかが重要。

西澤亮一の名言|今は未来のためにあるもので、今、どうあるかが重要


私なんて、海外転勤を言い渡されたとき、片言の英語すらできないまま現場に放り込まれましたから(笑)。でも、若さがあれば、それくらい何とかなるものなんです。

村瀬治男の名言|若さがあれば何とかなる


私が小学校3年生の時に、通信簿の総評のところに「村上君は打算的」と書かれたことがありました。私は打算的という言葉の意味が分からず、算数に強いと褒められたもんだと勘違いして、喜んで親父に見せたんです(笑)。すると、親父は烈火のごとく怒りだした。「お前をそんな人間に育てた覚えはない」と言われて、その晩は食事も食べさせてもらえなかった。それで翌日、先生に「これはどういう意味ですか」と聞きに行きました。先生はこの時、「君は全ての行動が自分にとってプラスかマイナスかを計りにかけて行動する、だから打算的と書いたんだ」と言われた。人のために先頭に立って行動していたつもりが、他人の目には、打算的なふるまいに映っていたのですね。それから、私は、打算を捨てることを、自分に課してきました。あの時、大事なことに気づかせてくれた教師や親父にいくら感謝してもしたりません。

村上正邦の名言|打算を捨てることを自分に課す


過去は、もうない。未来は、まだない。「もうない」と「まだない」の合間の、「今」のみ感じ、確かめることができる。そうやって「今」へと心を研ぎ澄ませていると、「これからどうなるだろう」とか「昨日、嫌なことがあった」などといった想念は、現実性が色あせて、どうでもよくなっていくものです。「あー、それらは、実在しない、脳の幻覚にすぎないことよなあ」とわかってくるからです。

小池龍之介の名言|「今」へと心を研ぎ澄ませる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ