大川隆法の名言|どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションには、これまで成果をあげていたものを捨てていく面があるので、そういう意味で、どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

103歳で亡くなった料理研究家の飯田深雪さんに「どんな思いで年を重ねてこられたんですか」と、生前、お尋ねしたことがあります。答えは、「楽しくて年なんか忘れてしまったわよ」でした。僕はその言葉に深く共感しました。年齢を気にするよりも、生き生きと人生を楽しんでいる人の方が魅力的だし、目や言葉に前向きなエネルギーが溢れている。

経営者が従業員の生活を犠牲にしてまで、短期的な利益を追い求めるのはいかがなものか。確かに、人件費を削減すれば、効率は高まり、利益が生み出せるだろう。ところがその結果、現場の士気が落ちれば、トラブルが起きるリスクが高まる。あるいは労働環境が劣悪だなどという悪評が立ち、「ブラック企業」と呼ばれるようになる恐れもある。そうなれば会社のイメージは傷つき、ブランドも地に落ちる。目先の効率化は結局のところ、長い目で見れば非効率的なのである。

大事なのは、現実にきちんと目を向けること。現実を客観視できれば、問題に対処する力が出る。

一生懸命に指導しているのに、なぜ部下は変わらないのか。何を言っても響かない部下を見て、このように悩んでいるマネジャーの方は多いことと思います。しかし、それはお互いさまでもあります。じつは部下の側も上司に対して、自分はこんなに頑張っているのになぜわかってくれないのかと、もどかしい思いを抱いています。

会議で発言をするなら「オウム返し」ではなく「倍返し」しましょう。賛成するにしても、「じゃあ、ここをこうしたら、もっと面白くなるんじゃない」というように、付加価値をつけて返します。否定する場合は、必ず否定した発言を上回る対案を用意しておくことです。

プロ転向後も力不足で、試合にも出られない時代かあって、初優勝は10年目。でも、ゴルフを辞めたいとは一度たりとも思わなかった。技術が足りなければ、それを身に付ければいいと考えていたから。常に、もう一歩、もう一歩という意識でやってきました。

人間、体当たりでぶつかれば、おのずと知恵も力も出よう。

ページの先頭へ