奥田碩の名言・格言|変わらないことは悪

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は日ごろから、「変わらないことは悪いことだと思え」と言い続けています。同時に、変わることをためらう人がいれば、「変革に加わらなくてもいいから、変革の邪魔はしないでくれ」と言っています。変革を実行するのは、企業なら従業員一人一人だし、国家なら国民一人一人です。


奥田碩 の経歴

奥田碩、おくだ・ひろし。日本の経営者。「トヨタ自動車」社長・会長、経団連会長。三重県出身。一橋大学商学部卒業後、トヨタ自動車販売(のちのトヨタ自動車)に入社。経理部、フィリピン・マニラ駐在、豪亜部長、北米事業準備室副室長、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本経営者団体連盟会長、日本経済団体連合会会長、内閣特別顧問、国際協力銀行代表取締役総裁などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

史記に「千人の諾々(だくだく)は、一士の諤々(がくがく)に如かず」とあります。ハイハイと意に従うだけの人間が千人いても何の益にもならないが、たった一人でも思う存分に戒めてくれるものがいれば道を誤らず、自分のためになるという意味です。ビジネスマンとしてトップに立つ人間が心しなければならないことではありますが、実際には耳に快いことを言う者ばかり近づけてしまうのが人の常です。

常に危機感を持ち続けるとともに、サクセスストーリーを作ることが大切だと思います。サクセスストーリーは次の変革を推進するバネになるからです。いい芽は出始めてきたという実感はあります。この調子で行くと、各グループ会社は外に出ても十分に競争力を持つ存在になっていくと思います。

大体、欠点の方に目が向いてしまいがちだが、それを直そうとするのは相当なエネルギーがいる割に、余り成果がない。いい所を伸ばしてやった方が、総体的に良くなる。

ツガミの企業再生は有言実行が功を奏したのです。何よりも下請け業者たちの理解と支援を得られたのが大きかったのです。借金をしたままでの再建では、彼らの協力は得られなかったに違いない。負債を返却することによって、私は彼らの信用を得、協力を得ることができました。「借りは作るな、貸越人生であれ」借りという負の状態では人は動かせない。また信念のない人に他人はついてこない。意欲を持って真正面からがっぷり四つに取り組む。これが私の企業再建人生なのです。

警備保障はなにしろ未知の仕事で、しかも料金は三か月前納という条件ですから、どの企業もおいそれとは乗ってくれません。しかし、実家の酒問屋での修業時代に貸し倒れの恐ろしさを知った私には、料金前納はこの仕事の絶対条件だと思っていました。やがてぼちぼちと契約が取れはじめ、社員数も増えてきて、日本の中に警備保障という言葉が認知され始めました。

私はルノーから来た人々が「徒党を組んでいる」と見られることだけは避けたかったのです。もし、私が「自分に一派を率いてやってきた」とみなされたら、あとは何をやっても通用しません。私はたちまち信用を失うことになります。

事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶えず追いかけてそれにすばやく反応するから成功する。だからこそ事業戦略はダイナミック(動的)で、かつ先の読みがしっかりしていなければならないのだ。

ページの先頭へ