土光敏夫の名言|どんどん若い人たちが中心にやってもらわなければダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

年寄りは先に死んでいくんだから、どんどん若い人たちが中心にやってもらわなければダメだ。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外でビジネスをする上でブランドほど大事なものはありません。私たちには「わけあって安い」に象徴されるような禅や茶道という簡素を旨とする哲学が流れています。こうした価値観は、実は世界中に受け入れられる考え方だと思っています。

他人を使って自分を追い込むといいでしょう。たとえば取引先に電話をかけ、「期限は火曜とのことですが、月曜にはお届けできます」と、あえて早めの期限を宣言してみる。早い期限を設定することで「集中せざるを得ない」状況をつくり出せます。加えて、それを人と約束したことも、強い推進力になります。

人間とは奇妙な奴だ! 自分が持っている自由は決して使わないのに、いつも自分の持っていない自由を望む。

ビジネスパーソンの抱える問題として、「なかなか仕事に手がつけられない」というものがありますが、まずは「仮決め」でもいいから行動を起こすことをお勧めします。たとえば上司から命じられたレポートなどは、多少誤字脱字があってもスピードを重視すべきです。いくら完璧を目指したからといって、その完璧は自分の中での完璧にすぎないからです。

80代になっても、90代になっても、生きている限り挑戦は続けますよ。チャレンジのない人生なんて、全然面白くないからね。

人は怠惰、逸楽(いつらく)、浪費、無節度、吝嗇(りんしょく)などの習慣を養えるように勤勉、節制、倹約、寛容の習慣も養える。

「勉強しろ、本を読め」というのが新人時代から上司だった茂木(友三郎)さんの口癖。海外経験を通じて、日本を何とかしなければという使命感に燃えていた茂木さんから多くのことを学びました。

ページの先頭へ