本田宗一郎の名言|得意な道を一生懸命に打ち込んでおりさえすれば、チャンスは必ずある

このエントリーをはてなブックマークに追加

「得手に帆を揚げて」とはよく言ったもので、得意な道を一生懸命に打ち込んでおりさえすれば、チャンスは必ずある。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

実は「一番搾り」は発売以来、2回ほど味覚のリニューアルをしています。どういう味がお客様に求められているかを、常に見直すことが必要だと考えているからです。

さし迫った用事はすぐに済ませよ。明日やろうなどと考えてはならない。

敵を憎むのは人間として自然な感情である。ただし、憎しみというプリズムを通して物事を観察すると、どうしても認識が歪んでしまう。歪んだ認識に基づいた判断は、間違える可能性が高い。あえて敵を愛するというような心構えを持つことで、より客観的に対象を観察し、判断を誤らないようにできる。

当社は、このエリアで、どのデベロッパーがどれくらいの規模のマンション用地を持っていて、今後どれくらいの戸数が供給されてくるのかを把握しています。そうすると、今までの実績から、そのエリアには潜在需要がどれくらいあるのかが分かってくるわけです。もし供給過剰になる見通しであれば決して無理に事業を進めません。

まちおこしというと、イベントをやったり、新しい商品をつくったりするのがよくあるパターンです。でも、我々にはそんなことをするお金はありませんでした。だから代わりに、話題をつくったんです。この街には「富士宮やきそば学会」という組織があり、「やきそばG麺」と呼ばれるメンバーが、手弁当で市内のやきそば店の調査活動をしている、と。

万人は自らの幸福を望んでいる。しかし、技術的にひとつになった今日の世界では、自らの幸福を望んでいても、他人の幸福を望む心とひとつにならない限り、それは何の役にも立たない。

ある調査において、SRIスポーツに変えた年度からずっと社名認知度が2割程度でほとんど変わらなかったこともあり、昨年夏から検討を行い、様々な候補の中からダンロップスポーツ株式会社に変更することに決めました。ゼクシオ、スリクソン、それが包括するダンロップという位置関係がわかりやすいと思いましたので、最終的に決めたのです。

テスト一本でやっています。専業のプレイヤーであるということです。現在、日本のソフトウエアの産業は12兆円程の市場と言われており、その中でテストの市場は約4兆円あると言われています。しかしそこで事業を行うプレイヤーは数社しかなく、しかも同業他社と呼ばれる企業はみんな本業が別にある企業です。ですから専業会社である当社にとってはポテンシャルがあり、伸びやすいマーケットなのです。

成熟期における旧製品のモデルチェンジというのは、中身を変えることではない。容量を変え、サイズを変え、あるいは二つのものをくっつける。こういうところにあると思う。成熟期には、製品ラインを増やすということは余計危険であり、むしろ製品ラインを縮めていかなければならないという構造に入ってくる。また、縮めるときには、どちらかを選ぶというよりも、両方取り替えるのだという構造に移していかなければならない。

英語の勉強に効率を求める気持ちの裏には、「英語を勉強するのは嫌だ」という気持ちが隠れていて、時間をかけずにラクに学べる方法を求めているのかもしれません。しかし、嫌いなことは苦痛で長続きしませんし、ましてや上達は至難の業です。そういう人は、「まずは英語を好きになる」ことから始めてください。

ページの先頭へ