本田宗一郎の名言|不況、不況と言う前に、総点検してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

不況、不況と言う前に、もう一度自分自身を、あるいは経営者なら会社を「総点検」してみるといい。きっと、何か忘れているものがあるよ。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

異なるビジネスを異なる地域で手がけているからこそ、多様性を得ることができる。

「ワクワク、ドキドキ」がドンキの店舗のコンセプトだが、店を作る方もワクワク感がなければ、顧客をワクワクさせることはできない。

部下に仕事を任せ、権限を委譲するとき、部下にきちんと理解させなければならないことがあります。

  1. 最後の責任は上司である自分がとるという重い決断の上で任せたのだから、最終責任者への報告は仕事上、義務であるということ。
  2. 報告を求めるのは「あなたという人」を疑っているからではなく、「仕事」を疑っているのだということ。

人のやる仕事ですから、完璧なんてありえません。ミスもすれば、忘れもするものです。たまには手を抜きたくなることだってあるでしょう。だからこそ、チェックし、管理しなければならない。それは、相手が「あなただから」ではなく、「誰であっても」そうなのだということを説明し、理解させるのです。

雑談が上手な人は会話の中の沈黙を、相手が「何を話そうかな」と考えている時間だと思っています。だから間が空いても決して焦らず、待つことができる。「沈黙を埋めなければ」と思ってしまう人は、相手が話し出すのを待ってみましょう。

何をしたいかを一所懸命固めなきゃ駄目だ。人から役をもらうだけじゃなくて、こっちから「何をしたい」って言わなきゃ。

M&Aは地方創生に繋がると思います。たとえば新潟の燕三条や岐阜の関など、素晴らしい技術が集積している地方はたくさんあります。それが地方経済が疲弊してガタガタになっている。それらを全国区で展開する会社とマッチングすることで、非常に面白いビジネスが組み立てられると思うのです。

企業っていうのは、厳しいときにこそ打たれ強さが必要なんです。

ページの先頭へ