松下幸之助の名言|経営のコツここなりと気づいた価値は百万両

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営のコツここなりと気づいた価値は百万両。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

片づけの極意は、すぐに分けて整理すること。「いらない」と分類したものは早めに捨てる。すぐに判断ができないものは一週間、一ヶ月と期限を決めて「漬け場所」に置いておき、期限が来たらまとめて捨てるといい。そのうえでデジタルツールなどを使って整頓する。調査でも稼ぐ人の大半が書類をデジタル化しており、そこそこ収入の人の約3倍にあたる26%が名刺をデジタル管理している。現物保管をする必要がないものはデジタル化を検討する余地がある。

私のモットーは「当たって砕けろ」。一歩前に出ないと何事も始まらない。

はっきりいって忙しいですね。テレビ番組の収録を終えて、自宅に戻ってくるのが夜中の3時過ぎといったこともよくあります。でも忙しいからといって店の料理や経営の手を抜くわけにはいきません。「テレビにばっかり出て、本業を疎かにしている」と、お客様やスタッフたちに思われるわけにはいきません。

一度しかない人生なので、やりたいことをやれるのは幸せなこと。気の進まない選択をしなければいけない場合も、その中でやりたいことを見つけていけば、悔いなく生きていけると思います。若いうちは食わず嫌いをやめて、いろいろやってみるといいのではないでしょうか。

会社規模が大きくなると、ブレーキを踏んでも動き出した車輪は簡単に止まらない。

やりがいを上手に責任感に変えて行き、その上で社員一人ひとりの権限を増やして行くことが(経営の)舵取りだと思います。

人事評価制度の変化は、あまり意識しすぎない方がいいのではないかと思います。自分の能力や成績をあげることばかり考えて個人プレーに走りがちになるからです。チームでの仕事を軽んじたり、地味で評価に結び付かない役割を嫌がるなどです。たとえ個人の能力が高く実績をあげていても、そういう人には高い評価は与えられません。会社の中で「創造的でパーソナルな仕事」はそれほど多くないからです。

ページの先頭へ