村田昭治の名言|相手の立場を考えるのが商人

相手の立場を考えるのが商人だ。そして感謝しながら、相手にこころを捧げていくことが繁盛への決め手になる。

村田昭治 の経歴

村田昭治、むらた・しょうじ。日本の経営学者。台湾台北出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ハーバードビジネススクールに留学。慶應義塾大学教授を務めた。また、社会経済生産性本部マーケティングソフト研究所所長、日本マーケティング協会常任理事、日本商業学会理事、日本広告学会理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は翁にくっついて、よく一緒に旅行した。車中で食事の時間が来ると駅弁を買って食べるのだが、弁当箱を開けると、外へこぼれない程度に静かにお茶をかけて、一粒の飯もおろそかにしないで食べ、残ったおかずも、きちんと包んで家に持って帰られた。
【覚書き:天竜川周辺の治山治水事業、北海道の開拓・植林事業に全財産を投じ、近代日本の発展に大きく寄与した金原明善氏の付き人をしていた時を振り返っての言葉。翁とは金原氏のこと】

中山均の名言・格言|大人物はものを大切にする


私はよく社員に「魚屋のおやじになれ」と言う。いつも新鮮で旬の商品をタイミングよく並べていれば、お客様は喜んで買ってくれる。技術の世界も同じだ。「鮮度」と「旬」と「マーケティング」が基本だ。
【覚書き:2000年の日本の半導体産業不況で各社減益した中、唯一最高益を更新したことについて語った言葉】

佐藤研一郎の名言・格言|マーケティングの基本は「魚屋のおやじ」になること


いつも当選している代議士は、天下国家を理屈だけで論じている。国民の本当の痛みをついに知ることがない。私は落選した代議士が好きだ。選挙区に腰を落ち着けて市民の声を聞く。人の心の痛みがわかるようになる。今度当選して出てきたときには、人間が一回り大きくなっているのがわかる。

安藤百福の名言格言|嫌いな政治家とその理由


いかに大をなすとも、一商人の志を忘れてはいけない。

松下幸之助の名言|いかに大をなすとも、一商人の志を忘れてはいけない


商人に恰好をつける余裕はない。お客様に満足してもらうために社員を鍛えないといけないし、そのためにはひたむきに怒り続けないといけない。それが商人に求められる謙虚さだ。

矢野博丈の名言|商人に格好をつける余裕はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ