松下幸之助の名言|人間は自分をつくるという気持ちが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は自分をつくるという気持ちが大切で、それが自分の容量をいずれつくっていくのだ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

考え方が違うこともある。でも、それはそれでかまわない。何度も繰り返し意見を戦わせることで、お互いの理解のレベルが格段に深まる。

東海東京証券の社長に就任してから、私は激動の証券業界を生き抜くには当社グループの経営体質を根本的に改革しなければならないと感じました。経営環境が大きく変化する中、より大きく飛躍するためには、経営計画は5年間とし、じっくり取り組むことにしました。

ビジネスの判断は、時間をかけて考えればいいとは限らない。むしろ、早く決めて早く取りかかった方が、途中で失敗に気づいた時も軌道修正しやすいといったメリットがある。逆に、熟慮している間にチャンスが逃げていくリスクだってある。

製造業ほど圧倒的な競争力を持たない日本のサービス業を伸ばすには、マーケティングが最も重要な戦力になる。

専業メーカーが存続し続けるための2つの条件

  1. 絶対にリストラをしないこと。新しい価値を生み出すことができるのは、尖った才能を持つ人材であり、彼らが最大の財産なのです。
  2. 安易な株式上場を避けること。ひとたび上場すると、市場から「成長し続けること」を求められます。経営者が短期の業績や株価ばかりを気にするようになると、とにかく数字を伸ばそうと、新鮮味に欠ける商品を次々と投入することになりがちです。

失敗を恐れる必要はありません。失敗を悔やむのではなく、経験値として生かすことを考えたほうがいい。

当世の武士は、ことのほかに驕りをきわめ、自分の本職をないがしろにしている。武具や馬具についての心づかいもなく、それによる軍の得失などを心にかけず、うわべの都合のよいことばかりを好み、ことに、近年になっては茶の湯といって、用もないことにやたらと金銀を費やしているが、まずそんなことを慎んだ方がよいでしょう。

ページの先頭へ