本田宗一郎の名言|沈黙は金ではなくて泥だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

少しでも問題意識が深まるような日常感覚を磨き、そして、そういう話題を共有しよう。沈黙は金ではなくて泥だ。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

子供達は経営者にはしないよ。うちの息子二人は、能力も性格も見識も今の執行役員と同等ぐらいのものは持っている。でも飛び抜けてはよくない。だったら実際の経営をするよりも経営者を任命したり、オーナーとして振る舞う方が普通だと思うし、全社にとってはそっちの方が絶対いいと思う。

部下へ「計算書をつくれ」と命じるのはやめて、まず「目的と成果を盛り込んだ目次案をつくってみなさい」と射程の短い指示を出すようにしました。部下は半日ほどで目次を提出します。私はそれをチェックして、やらせたいことと合致しているかどうかを見極め、そののち、時間のかかる計算書の作成に進ませました。

元来、生物だけが意識を持っていると思うのは人間の錯覚で、神は万物にそれを与えている。それを善用できるのは、愛のつながり以外にはない。金は金を愛する人を慕って集まるが、粗末に扱ったり、貧乏神にまつわられた人には近寄りつかない、たんに紛れ込んでもすぐ逃げていく。それは金に精があるからだ。

私自身、思い立ったらすぐ行動するタイプなので、できるだけ身軽でいたいと思っています。ですから持ち物は最小限にしています。

もちろん既存店の増収にはこだわっていきますが、今後は更にM&Aなどで時間を節約しながら店舗数を拡大するダイナミズムへの転換期が来ているという気がしていますね。ヴィレッジヴァンガードは空間さえつくり上げればあとは何を売ってもいい。僕らのメソッドを投入してヴィレッジヴァンガード色に染め上げていけば1000店は見えています。

まずは自分の身の回りの人、それは上司であったり同じチームの人であったり、もしくは取引先の人であったり、人に対して信頼されるような仕事をして結果を出すことに集中すること。無駄なことなんてありません。目の前の仕事に一生懸命取り組んで、チャンスをつかみ、自分の可能性を広げていって欲しい。

僕も歳を取り、変わっていきます。「今、この瞬間」は、一度しかない。

ページの先頭へ