大須賀賴彦の名言|組織を変えるためには、トップが変わらなければならない

組織を変えるためには、トップが変わらなければならない。

大須賀賴彦(大須賀頼彦) の経歴

大須賀賴彦(大須賀頼彦)、おおすが・よりひこ。日本の経営者。「小田急電鉄」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、小田急電鉄に入社。運輸計画部部長、人事部長、取締役、常務取締役執行役員、専務取締役執行役員などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の場合は、答えなんてどこにもなかったから失敗ばかり。でも、失敗が続く限りずっと試行錯誤を続けるから、誰も知らないこともわかるようになるんです。


私はこれまで、「自主経営を貫くが、自前主義には執着しない」という考え方を経営の根幹としてきました。最近、その思いはますます強まっています。自主経営とは、「ありたい姿」や「あるべき姿」を従業員と共有しながら、経営者が戦略の実行局面で幅広い選択肢を持って、主体的に意思決定できることを指します。あるところでは自前主義に徹底的にこだわって差異化を追求する。また、別のところではM&Aや提携によって足りないところを補う。自主経営とは、こうした経営判断を自由自在に使い分けていくことです。


若い人の存在はある意味で重要です。若者は年配者より行動が大胆ですから。


仕事にはそれぞれ明確な目的があるのですから、その目的に照らし合わせて「数字・ファクト・ロジック」で、なるべく感情を交えずに仕事をする。そうすればお互いにやりやすいし、不満もなくなり、その人の能力も発揮できます。


ゲストで来てくれる人をいかに楽しませるかも大事。僕ら2人だけではテレビ番組はできないわけですから。


才能をまとめていく仕事をするとき、自分には才能がないということを自覚していなければならないと思うのです。東宝は才能ある人が才能を発揮する場を持っている。才能を世の中に送り出す機能も持っている。でも、自分には才能がないから、中身は才能のある方につくっていただく。そういう割り切りの図式をきちんと持っておく必要があります。


私は上辺だけまねるやり方が大嫌いだ。もっと自分の深いところを見て、変えようとしなければダメだ。


古典は熟読以外ない。古典を速読するのは、百害あって一利なし。ビジネスパーソンなら、古典をはじめとした良書を、じっくり読むといい。


日本経済は危機感さえ共有すれば、驚くほどの柔軟さと力強さを発揮します。オイルショックのときもそうでしたね。日本はそれで世界一の省エネ技術の国に生まれ変わりました。


我々が何で勝負しているかというと、まず行政のクイックサービス。とにかく速い。次にワンストップ。窓口は1つ、あちこち行かせません。最後にオーダーメイド。いろいろな注文に応じます。この3つです。一言で言うと埼玉県は話が早い、というのが大阪辺りの企業の評価です。大阪には2年に1回は企業誘致に出掛けていましてね。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ