松下幸之助の名言|ひとつひとつキチンキチンと正しくやり、やがてそれで信頼してもらう

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営というものは、手品でもなんでもない。ごまかしでなく、ひとつひとつキチンキチンと正しくやり、やがてそれで信頼してもらうということ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長として私が決めなければならないのは、経営会議や取締役会議で決めるべきこと、あるいは社長決裁が必要な事項です。それ以外はよほど大きな問題がなければ現地の判断に任せます。上手くいかなければ、最終責任は私がとればいいだけのことです。

松下が値段を決めるのではなく、市場でお客さんが値段を決める。

生きていくことへの恐怖がなくなったということが大きい。もうほんとにお金をあまり使わないで暮らしているのですが、全然大丈夫、これで十分幸せだと分かった。それがすごく自信になっています。

強い組織やできる人は、大きな目標から、小さな施策まで、すべて数字に落とし込んで、目標に向かいます。しかし、日本人は往々にして漠然と方針を決めただけで何かできそうな気になります。具体化したり、数値化しなくても、曖昧なものをあいまいなままで納得する傾向が強いのです。

幸之助が提唱した「水道哲学」では、豊富で安価なもののたとえとして、水道の水を引用しました。しかし、インドネシアのようなアジアの国々では日本のように水が潤沢に安価で手に入りませんので、これを「バナナ哲学」と言い換えてみたりしています。

僕が本当にありがたいと思うのは、我が社は顧客の命運を左右しかねないコンピューターの仕事をやらせてもらっているということです。だから、必然的にお客様の本気というか、真剣みが伝わってくる。第一線の営業マンが感じた事の重大さ、それが本社にも伝わり、研究所にも伝わっていく。

仕事へのモチベーションの源はやはり、ユーザーからの賞賛、あるいは自分たちが社会を少しでもいい方向に導いたという満足感でしょう。あるいは、夢の実現といってもいいかもしれません。「グーグル・ニュース」にしても「Gメール」にしても、もとはといえば「こんなことが実現したら嬉しい」という、エンジニア自身の夢が発端となってでき上がったサービスです。夢を追いかけるということも、とくにこれからのエンジニアには不可欠なパーソナリティーなのです。

ページの先頭へ