松下幸之助の名言|真実には説得力がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

真実を語れば、昨日言うたこととまるっきり変わったことでも、それは説得力がある。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は旧電電公社(のちのNTT)に入社して、線路部門(光ファイバーなどの屋外施設をつくる部門)に配属されました。線路部門はみんなで共同で仕事をする割合が非常に大きい部門でした。そこで上司から、「トータルパワーを発揮することが大切だ」と言われたものです。トータルパワーの発揮が会社の力になるし、規模的な発展につながるのだと。

正直にこれは無理だと思うものもありますが、それでもノーとは言いません。失敗しますが、それで店長は成長します。この過程がないと前には進みませんから。
【覚書き|各店舗で店長たちにオリジナルメニューを考案させていることについて語った言葉】

当社では、イノベーションを追求することが、重要な企業活動方針になっている。既存の商品・サービスとほとんど違いがないようなものを世の中に出したら、不毛な価格競争に陥ってしまう。

我々がヘッドハンティングで紹介するのはひとつの機会であって、最終的に決断するのは雇用主と候補者です。そこでできるベストの仕事は、お互いの期待値の差を最小限にすることです。だから絶対に嘘を書いてはいけません。交渉の過程では、報酬の詳細や経営課題について、問題を隠すのではなく事実を具体的に説明し、判断の役に立つ客観的な分析を加えるのです。この仕事は、同じクライアントからの仕事が7割を占めるリピートビジネスです。口当たりのいいことだけを伝えて入社していただいても、結果的に成功しなければ、お互いにとって悲劇になります。

どの投資家も、自分がよく理解しているものに投資すべきだ。私や他の人の意見を聞くべきではない。意見を言っているのが、日本経済新聞の紙面やテレビ東京の番組に登場している専門家やニュースキャスターであってもだ。

下手な営業マンは、相手が誰であろうとお構いなしに、いきなり自分の売り込みから入る。商品説明から始める。これでは営業マンが自分の売り上げしか考えていないことが見え見えなので、お客も引いてしまう。当たり前だ。

これまで広告中心でマーケティングをしてきた業界は、大きく変わってくるでしょうね。昔って、いいものと、流行るものが必ずしも同じじゃなかったと思うんですよ。例えば宣伝費を多くかけたものの方が売れたりとか。でも今は、ソーシャルメディアの登場で、テレビのCMと同じくらいの影響力を持つ「クチコミ」も可能になってきた。そのために企業は、いいものをちゃんとバズらせる設計づくりや、クチコミで広げていく設計づくりの方に頭やお金を使うようになってくるのかなと。

ページの先頭へ