松下幸之助の名言|経営者というものは、常に真実というものに立たないといかん

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者というものは、常に真実というものに立たないといかん。真実を訴えないといかん。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近は「敵意識」の強い人が増えています。「自分を否定されるのではないか」と恐れ、誰もが敵に見えて攻撃的な態度に出てしまう。すると相手も反発して攻撃的になり、互いを傷つけ合って消耗してしまうのです。この状態を脱するには、自分に満足感を与えてあげること。プラスの感情が増えれば安心感が生まれ、「誰かに傷つけられる」という恐怖も和らいで、周囲を敵だと感じることも減ります。

医療も発達して、超高齢化社会を迎えています。しかし、できるだけ医療に頼らず健康に天寿を全うするにはどうすればいいのかを、自分で考えて向き合うことが、大切だと思います。

地元の高校や大学からも広く人材を獲得しました。地域に愛される企業を目指し、今後も新卒採用を継続的しながら次代へつなげていきたい。

僕はまだ「これまでの漫才をもう少し洗練させる」といった程度のものしかつくれていないんですが、本当は誰もやったことがないものを生み出したい。

実を言うと、若い頃の私は遊ぶのが好きでした(笑)。遊びといっても酒を飲むぐらいで、決してハメを外すタイプではありませんでしたが、よく飲みに行きましたね。ただし、楽しく遊ぼうと思ったら、そのバックボーンとして、仕事をきちんとやっておかなければなりません。そうしないと、自分自身を許せないという気持ちが私の中にはありました。

新薬メーカーで行く限り、新薬を出し続けることは生き残るための使命。

一回りする一秒の間に何も感じなかったらゼロ。ゼロに何を掛けてもゼロ。たとえ一秒でも何かを感じる感性がほしい。感じなければ、一生何もなくて終わってしまう。五感で感じたことが、第六感(閃き)にゆきつく。
【覚書き|採用面接のときに応募者を一回転させ「何か感じましたか?」と尋ねる理由について語った言葉】

ページの先頭へ