松井忠三の名言|人や組織の内面を深く理解しなければならない

多様な個性を持つ社員たちをまとめるには、人や組織の内面を深く理解しなければならない。

松井忠三 の経歴

松井忠三、まつい・ただみつ。日本の経営者。ファッション・生活雑貨の無印良品を展開する良品計画社長。東京教育大学(のちの筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(のちの西友)に入社。同社のプライベートブランドだった無印良品が独立したのち良品計画に出向し、そのまま入社する。良品計画取締役、常務、専務、アール・ケイ・トラック社長、ムジ・ネット社長などを経て良品計画社長に就任。「残業禁止」や社内総ぐるみの「作業の標準化」などを進め、同社の業績を大きく伸ばした経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トータルサービスを提供することで、単に安価な機器を売るだけではない顧客価値を提供できる。

三浦善司の名言|トータルサービスを提供することで、単に安価な機器を売るだけではない顧客価値を提供できる


横並びの中で自分が先輩という立場のときは「大きな仕事をしないと示しがつかない」と思い、何でも自分でやろうとしていたんです。でも、管理職になって若手の提案を見ていると、「こんなの自分では絶対思いつかないぞ」というものがたくさん出てきました。そこで人の力を最大限生かすことが大切なのだと気づいたのです。

野田俊介の名言・格言|人の力を最大限生かすことが大切


品質やはきやすさを見極める感覚を常に研ぎ澄ましておくように、普段は靴下も靴も履きません。冬でも素足にサンダル履きです。一時、妻から「素足は体に良くない」と言われて靴下をはいたこともありますが、すぐにやめてしまいました。

越智直正の名言|感覚を常に研ぎ澄ます


社長の仕事のうちの大部分は、決断にかかわるものです。一つひとつの決断をできるだけ素早く下すようにしないと、何も進まなくなってしまいます。

鑄方貞了の名言|社長の仕事のうちの大部分は、決断にかかわるもの


初めての起業。成功するか失敗するかわからない中で、コストをかけなければ失敗しても大火傷はしないだろうという発想でした。

津田全泰の名言|コストをかけなければ失敗しても大火傷はしないだろうという発想


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ