早川種三の名言|従業員の団結と協力なきところに再建はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員の団結と協力なきところに再建はない。
【覚書き:上記は興人の再建成功後に語った企業再建の哲学】


早川種三 の経歴

早川種三、はやかわ・たねぞう。日本の企業再建家。慶應義塾大学卒業後、東京建鉄(のちの日本建鉄)に入社。その後、「日本特殊鋼」「佐藤造機(のちの三菱農機)」「興人」などの管財人を受け持ち、企業再建を行った。再建の神様と称えられた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どの業界でも、国内ナンバーワン企業は上がありませんから世界を見るしかないんです。そのため、意外にもナンバーワンの企業こそ危機感がありますし、社員もそれを感じて勤勉に働くわけです。

経営者に最も大切なことは、正しい自己評価と、その経営理念がどこに置かれているかということだ。その理念が、何が正しいかという人生観に立ち、かつ世界観さらには自然の摂理から芽生えてこなくてはならない。

クリエイティブになれ!と部下に叱咤してクリエイティブにはならない。

僕はよくリスクテイカーだと言われます。でも、本当はそうじゃない。限りある自分の人生を、精一杯やったんだと思いたいだけ。人生を後悔するという最大のリスクを回避しているんです。

知恵で勝負することが重要なのです。慣習・形式・権威にとらわれないでチャレンジするそれがベンチャースビリッツです。事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば後は確率論の問題です。失敗を恐れずに、様々な手段を次々に試していれば、必ずどこかで当ります。卵は数を生まないと、試練に耐える鮭は生まれてこないわけです。

自己の使命を自覚し、堅固不動の自活的精神をもって事にあたれば、天は自ら助くる者を助くること、もとより疑いのなきことである。

職場はもちろん、家庭もしかり。あらゆるところ、道場と思う心が大切だ。その心構えさえ持てば酒場も立派な道場ということになる。

どんな場合にも情熱が大切な要素であることは確かだ。いかに優れた事業計画でも、それを推進する人たちの熱意と誠意がなければ成果を上げることはできない。

いかに一流の人物を集め、立派な組織を持っていても、経営者の出来が悪かったら会社は潰れます。

善良なだけで何もしない社員が一番困る。

ページの先頭へ