知識賢治の名言|まず供給側の論理が優先されていることを見直す

このエントリーをはてなブックマークに追加

業界の外からやってきた目で見ると、供給側の論理が優先されていることがあるように思います。まずは、そこを見直すことで収益の底上げができると感じています。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分のやりたいことを事業にしていくのは容易ではありません。しかし、自分の人生と仕事が重なる生き方は、本当に素晴らしい。

地盤というものの認知度の低さという要因もあって、売り込み先でも全く理解されず、最初の2年間はほとんど売れませんでした。何とか食い扶持をつなぎながら、それでも何とかやっていくうちに軌道に乗り、上場も果たすことができた。

随分回り道をしたように見えるかもしれませんが、いま振り返ると、これまでの人生に無駄なことは一切なかった。

部下の当事者意識を高めるというこのは、目的を共有して参画意識を高めることです。たとえば、部下の提案にはイエスであれノーであれ必ず答えることでプロジェクトに参加しているという意識を高めます。本当にいい案であればプロジェクトに取り入れ、そのことで部下は見てくれているという安心感を抱きます。

「雇用の創造」が大義の私どもは、雇ってから仕事を創る。こうすることで、この人たちにできる仕事、適した仕事は何だろうかと真剣に考えるようになります。そうやって必死になって仕事を生み出し、事業を推進してきました。

これからはハート・ツー・ハートは、ますます大切になる。人間はみな同じ。言語や風俗、習慣、環境が違っても心と心が通じ合うことが重要。

本人の自覚も大切ですが、自覚を促す社風も大切です。つねに「ほんのわずかな違い」を埋める努力をみんながするような社風をつくれるか。そこが、人が育つ会社になるかどうかの分かれ目ですね。

ページの先頭へ