枡野俊明の名言|100%同じ価値観の人間などあり得ません

100%同じ価値観の人間などあり得ません。80%同じであれば御の字、通常は50%もいかないと私は思っています。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

営業マンや訪問介護のヘルパーが訪問先でスマホにしゃべるだけで業務日報の入力ができるシステムも開発しており、池田泉州銀行でも使われている。我々の強みのひとつは高い認識精度に加え、こうした「業界特有の専門用語」にも柔軟に対応できる点だ。

ボクシングでも、どんな仕事でも同じ。自分の持っている時間と情熱をどれだけかけられるか。

インフラ輸出で日本が中心になってやっていくわけですが、大事なことはエンジニアリングの仕事というのは、様々な国の人々と一緒に仕事をしていくんだということです。

倒産寸前、最後にできる範囲で挑戦しようと出店したのが、串カツ田中です。お金がなかったので、物件は居抜きで客席はパイプ椅子。場所も一等地ではなく、東京・世田谷にしました。広さは40平米余りに22席と小規模。厨房で必要な設備やレジはネットオークションで買い、自分たちで施工したこともあり、出店費用はわずか350万円ですみました。「月商400万円ぐらい行けばいい」。そんな予想を上回り、大繁盛。2か月で出店費用を回収できて、半年で月商800万円に到達しました。

会社や業界の流れが、いまどうなっているか考えることで、自分の仕事にはどんな重要性があるのか、会社全体の中でどんな役割を果たしているのかが腑に落ち、仕事への姿勢が変わると思います。

経営のカンを養うには、現場をみずから歩いて五感で知る、それに尽きると思います。現場を知らない経営者を、私は経営者として認めたくありません。自分のカンを磨くには、お客様の声を聞き、現場で働く人の声を聞くために歩くしかない。それが多くの企業を見てきた私の意見です。

外に競争相手を求める会社は多いと思いますが、弊社は外に競争を求めていなくて、理想に対して自分たちがそれに追いつく開発が出来ているか、そういう方向に研究開発できているのかいつも比較しています。

一般的に、男性がタテの関係に敏感なのに対し、女性はヨコの関係に敏感です。公平性を欠いたコミュニケーションを素早く感じ取り、不快感を覚える。

常日頃好むところでも、よくこれを選び慎むことが大切である。主人の好むところは、家来や百姓町人も、自然とその真似をするものであるから、とくに注意せねばならぬ。

僕はシーンとしている職場は嫌いです。オフィスがあんまり静かだと、意識的に「なんでみんなもっと話さないの?」と文句を言います。職場で皆が仕事に集中してサイレントな状態であるならわかりますが、それも何日も続くのは異常です。

ページの先頭へ