枡野俊明の名言|100%同じ価値観の人間などあり得ません

このエントリーをはてなブックマークに追加

100%同じ価値観の人間などあり得ません。80%同じであれば御の字、通常は50%もいかないと私は思っています。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

趣味のホームページを立ち上げるためにレンタル・サーバーを利用していたのですが、当時の共用サーバーは容量も機能も少なく、十分な容量や機能を求めると月額1万円以上も出さなければならなかったのです。こんなに高いのなら、自分でやろうと思いました。十年以上も前の話です。
【覚書き|レンタルサーバー事業を開始したきっかけについて語った言葉】

会社が常に良い方向に変化していくには、企業価値を正しく理解している従業員が必要です。我々は非常に多くの時間とエネルギーを費やして、リッツ・カールトンとの相性を見極めながら従業員を採用しています。

テレビもラジオもペーパーもインターネットも共通して、いかにお客さんの期待に応えていくものを作っていくか常にお客様の目線で考えています。

モノを捨てられない人は「こんな時に使えるから」とプラス面を見て、ほぼ出番がないモノを捨てずに取っておいたりする。だから、物事のプラス面を見がちな人は、捨てられないのです。そんな人は、プラス面の割合を客観的に考えてみてください。「たった1割の理由」にこだわっていることも少なくありません。

個人主義というと、日本人の体質に合わないのではないかと懸念する人がいますが、私は逆だと思います。案外、自分の会社がそうなってくれればいいと思っている社員は多いのではないでしょうか。「もっと自分に大きな仕事と責任を与えてほしい」と。

ビジネスパーソンは、新入社員で入って最初の4・5年くらいは給料に差が付きません。しかし10年、15年先を考えると、頑張りによってポストも上がるでしょうし、賞与の額も違ってきます。そう考えると、頑張って認めてもらうということが収入を上げるひとつの手立てになります。

企業のトップのなかには、経営判断を占い師に相談する人もいると聞きます。その真偽はともかく、じつは仕事と占いは、無関係というわけではないのです。仕事の方針を占いで決める、などということはちょっとヘンなことです。合理的に判断できることなら、合理的に解決すればいい。でも仕事では、合理的に処理できない理不尽なこともしばしば起こるもの。それをどう捉え、いかに解釈するかという点で、占いは非常に有効なのです。なにしろ占いは、二千年に及ぶ蓄積からの知恵とでもいうべきものですから、そこにはいろんなヒントが詰まっているのです。

ページの先頭へ