糸井重里の名言|支持される理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちが本当にやりたい、面白いと思えることを大真面目に追求したコンテンツや商品、イベントだからこそ、周囲から支持していただいている。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

うちでは管理職は立候補制なんです。人事部が評価して人材を抜擢するシステムだと自由がないじゃないですか。だから、自分はもう管理職やれるよという人は立候補してもらう制度にしています。

(自分の)身に奉ずること薄きを倹約とし、人に奉ずること薄きを吝嗇(りんしょく)とす。

プライベートの経験は仕事でのアイデア出しに大きく貢献してくれる。アイデアのヒントになるからです。

60歳からが人生の華です。いままで培ってきたことを土台にし、人生の生き様に挑戦し続けていきたい。

試練は無い方が良いと常識では考えるが、試練があるからこそ私たちは成長する。

日本もいつまでも政治を「お上」に任せている場合ではありません。政治のウェブメディアを作り、民意をすくい上げ、官僚や政治家に投げかけて、双方向で政治を動かす必要があると痛切に感じました。

組織のリーダーたるものこそ体温を上げよう。リーダーが日ごろ、体から発している熱量が周囲の人に伝わり、その組織の勢いになる。

ページの先頭へ