糸井重里の名言|何が正しくて何が間違っているかなんて、本来、誰にも分からないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

何が正しくて何が間違っているかなんて、本来、誰にも分からないこと。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから。

カルビーは商品の品質も高く、一連のサプライチェーンも良くできていた。しかし、コストには無頓着だったのでそこにメスを入れただけです。品質にこだわるあまり、会社の本来的な意義である儲けることに対しての意識が弱かったのです。

中長期的には、日本への観光ニーズは高いと考えます。ただし、世界旅行者を日本に呼び込むためには、日本ブランド、東京ブランドを磨き、絶えずPRが必要だと思っています。

あるものはあり、あらぬものはあらぬ。

身近な人でも、書物の中の人でも、できる人の思考をシミュレーションするのはどんどんやった方がいいと思います。それを積み重ねていくことで、自分の思考が成長して、問題を解決するスピードも上がってくるものです。

現場からの提案を年に一度募集する「アイ・ハブ・アイデア」などの仕組みで吸い上げられるものも多くあります。しかし、一番大事なのはそうした施策を通さなくても、モノが言える環境をつくることです。それは経営者の大きな役割です。

「種まき」と同じようにむずかしいのが、商品の「引き際」です。これは大失敗の中で学んできたことですが、POSのデータが跳ね上がる商品というのは、もう店頭から引き揚げないといけない商品なんです。実際にはそこから売れるのですが、やめておかないといけません。

お菓子は人と人、会社と会社をつなぐ古くからある潤滑油だ。会議、挨拶など様々なシーンのコミュニケーションを円滑にする力を持つ。ただ、その価値はクリエイティブの力によってさらに高めることができる。

言葉は違いますが、海外でも日本と同じ社員教育をしています。経営理念を具現化することは国内でも海外でも非常に大切であり、大変なことです。経営理念がしっかりしていれば、判断に迷いません。

エリートほど、新しいことをするときに失敗を恐れる人が多いのですが、失敗しても良いのです。失敗しても学ぶことは多く、経験値となることがほとんどです。また、挫折感や屈辱感が、飛躍するためのエネルギーにもなります。

ページの先頭へ